生活排水からドラッグ使用量をチェック ドイツの都市が軒並み上位に

2018年3月19日(月)17時00分
松丸さとみ

<欧州19カ国56都市で生活排水を1週間採取し、違法ドラッグのアンフェタミン、コカイン、MDMA(エクスタシー)、メタンフェタミンの4種類について調べた...>

欧州56都市のドラッグ使用について調査

欧州の排水におけるドラッグの含有量を調べたところ、概してドイツの都市でのドラッグ使用が多いことが分かった。ドラッグ4種類の含有量ランキングのうち3種類でドイツの都市が上位に多くランクインしたのだ。

欧州の排水分析を行う組織SCOREが2017年3月、欧州連合(EU)の薬物監視機関である欧州薬物・薬物依存監視センターの協力のもと調査を行ない、今月、結果を発表した。

対象となった欧州19カ国56都市には、合計で4300万人が暮らしている。SCOREはこれらの都市の下水処理場にある貯水槽から生活排水のサンプルを1週間にわたり採取。違法ドラッグのアンフェタミン、コカイン、MDMA(エクスタシー)、メタンフェタミンの4種類について調べた。

EMCDDAによると、生活排水を調べることで、尿中に排出された代謝物からその地域で暮らす人たちが使用しているドラッグの種類や量が判断できるという。

ドイツの都市が軒並みランクイン

調査からは、ドラッグの種類によって地理的な傾向がみられたという。アンフェタミンの場合、排水から検出されたアンフェタミンの量が欧州の中で最も多かったのは北欧と東欧で、南欧では非常に少なかった。アンフェタミン検出量ランキングで1位になったのは、ベルギーのアントワープだった。

ドイツのニュースを英語で伝えるウェブメディア「ザ・ローカル」(ドイツ版)によると、アンフェタミン検出量ランキング上位10都市のうち、ザールブリュッケン(3位)、マインツ(5位)、ドルトムント(7位)、ロストック(8位)、ベルリン(9位)と5つをドイツの都市が占めた。

また通称「メス」と呼ばれるメタンフェタミンの使用については、EMCDDAによると全体的に少なかったが、ランキングではドイツのケムニッツが1位となり、エアフルト(3位)、ドレスデン(4位)、マクデブルク(9位)と4つの都市が上位10位に入った。