小学生もハマる韓国DIY整形

2014年2月7日(金)12時40分
ジェフリー・ケイン

 韓国・ソウルでセレブの街として有名な江南地区に、その「整形タウン」はある。美容整形クリニックが密集している区域だ。韓国人だけでなく、中国や東南アジアからの観光客が訪れて、高い鼻、丸い目、細いあご、優しい笑顔を「注文」する。

 世界一の「整形大国」と言われる韓国。競争の激しい社会で仕事や恋愛で成功するには、美容整形は必須条件だと考える人が多い。料金は高い。目と鼻とあごの「VIPパッケージ」は1万ドルを超えることもある。 

 そのため、お金のない未成年者の間で「DIY整形」が流行し始めた。ネットで安価だが危険を伴う美容整形グッズを購入し自宅で顔をいじるのだ。

 取材に応じた17歳の少女2人は、2年前にテレビで知って買い求めるようになったという。案の定、顔に傷が付くなどの問題が生じた(幸い、治癒できる傷だったが)。彼女たちは医学的に承認された製品ではないことを分かっていたが、周りの子もやっていたから使ったと語る。

 彼女たちが愛用していたツールの1つが、強制的に瞬きさせない仕掛けの眼鏡。毎日掛けていると、二重まぶたになるとされる。5〜20ドルで、小学生も利用しているという。あごを絞るローラーは、約6ドルの人気商品だ。あごのラインをシャープにしてくれるらしい。1日数時間の使用で鼻が高くなるという矯正器具もある(2ドル相当)。

 美容整形外科医らは、DIY整形で思春期の体が「傷つけられている」と警鐘を鳴らす。少女たちが目の感染症などを訴えて、病院に駆け込むこともある。

 自己流の整形で取り返しのつかないことをした大人たちもいる。有名なのは、顔にサラダ油を注射して腫れ上がってしまった韓国人女性だ。形成手術を繰り返しても修復は不可能だった。これは極端な例だが、素人療法にはそれなりの危険が伴う。

 昔は美容整形といえば若い成人女性がクリニックを訪れたもの。だが最近は高校生まで顔にメスを入れるように。そして、小中学生は自宅で自己流整形に走るようになってしまった。

  • 1/1