独メルケル、ツイッターのトランプアカウント停止を問題視

2021年1月12日(火)08時11分

ドイツ政府のザイベルト報道官は11日、米ツイッターがトランプ米大統領のアカウントを永久停止したことについて、メルケル首相が懸念していると明らかにし、民間企業が言論の自由の制限を決定するべきではないとの考えを示した。

ツイッターは8日、「最近の投稿内容を精査した結果、さらに暴力をあおるリスクがあると判断した」として、トランプ大統領のアカウントを永久停止したと発表した。

ザイベルト報道官は定例記者会見で「言論の自由は基本的な重要事項だ。これを踏まえ、メルケル首相はトランプ氏のアカウントが永久停止されたことを問題視している」と述べた。

ただ、ツイッターがこれまでにトランプ氏の投稿が不適切と判断した際に警告を表示してきたことは適切な対応だったとの考えを示した。

ドイツではナチス・ドイツ政権が言論の自由抑圧などを権力掌握の手段の一つとして利用した歴史的背景などを踏まえ、言論の自由の保護は繊細な問題と受け止められる傾向がある。



[ロイター]




Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...



  • 1/1