ニュース速報

ビジネス

米小売売上高、10月は0.3%増 前月の落ち込みから持ち直す

2019年11月16日(土)03時07分

11月15日、米商務省が発表した10月の小売売上高は前月比0.3%増と、前月の落ち込みから持ち直した。ただ衣料や高額の家庭用品の売り上げは減り、好調な年末商戦への期待が後退する可能性がある。写真は3月15日、ニューヨーク市の小売店で(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米商務省が15日発表した10月の小売売上高は前月比0.3%増と、前月の落ち込みから持ち直した。ただ衣料や高額の家庭用品の売り上げは減り、好調な年末商戦への期待が後退する可能性がある。市場予想は0.2%増だった。

9月の小売売上高は改定なしの前月比0.3%減。7カ月ぶりのマイナスだった。

10月の前年同月比は3.1%増だった。

自動車とガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数は前月比0.3%増と、前月の落ち込みから持ち直した。9月は当初発表の横ばいから0.1%減へ下方改定された。コア売上高は国内総生産(GDP)の消費支出に最も大きく連動するとされる。

今週発表された統計は物価上昇率が安定してきたことを示す内容で、直近で追加利下げする可能性は低いとする米連邦準備理事会(FRB)の姿勢を後押しした。今月発表された10月の雇用統計も好調だったほか、サービス部門の活動は加速した。

統計に加え、米中貿易摩擦の緩和を受け、景気後退懸念が和らいだ。パウエルFRB議長は14日の議会証言で、ほかの先進国と比べて「米経済はスター(最も優れている)だ」と評価し、「この状態を続けることができない理由はない」と述べた。

FRBは先月、今年3度目となる利下げを決めた。7月に2008年以来初めてとなる利下げに踏み切って以降、金利を引き下げ続けてきたが、今回は利下げの休止を示唆した。

米経済の3分の2以上を占める個人消費は第3・四半期に年率で2.9%増だった。失業率は50年近くぶりの低水準にあり、個人消費を押し上げている。設備投資と製造業の低迷につながった16カ月間の米中貿易摩擦による経済への打撃を和らげている。

10月の小売売上高の前月比の内訳は、自動車が0.5%増、9月は1.3%減少していた。ガソリンスタンドは1.1%増。9月は0.1%減だった。10月の値上がりはガソリン高を反映した。オンライン小売り・通販は0.9%増だった。9月は0.2%増加していた。

一方、電子・家電は0.4%減少した。建材は0.5%、衣料は1.0%それぞれ減少した。家具は0.9%減と、18年12月以来の大幅な落ち込みだった。外食は0.3%減と、1年近くぶりの大幅なマイナスだった。運動・娯楽は0.8%減少した。

ネイビー・フェデラル・クレジット・ユニオンの企業エコノミスト、ロバート・フリック氏は「第2・四半期から浪費が抑制され、より慎重な姿勢になりつつある。通商面の緊張に加え、依然堅調だが雇用の鈍化を懸念しているのだろう。このような傾向が続けば年末商戦はそれほど盛り上がらないものになる」と述べた。

*情報を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 7

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 8

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 9

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!