最新記事

SDGs

Rethinkが「気づき」を生む、多様な人々が輝ける社会

PR

2023年3月14日(火)20時00分
写真:遠藤 宏 文:西田嘉孝
Boundless 木原一博

Boundless株式会社 代表取締役マネージングディレクター 木原一博/ロサンゼルスで起業したERPシステム会社を急成長させた後、北米大手コンサルティング会社に売却。2008年Yahoo Inc.入社。Yahoo! Japanの事業を本社からサポートし、検索、セキュリティ等の幅広いプロダクトの開発や海外ビジネスの拡充に貢献。2019年11月より現職。

<「視点を変えて物事を考える文化」の日本への浸透を目指す話題のアワードを運営。米国ヤフーの日本法人バウンドレスの木原一博さんに、真のダイバーシティに取り組む意義を聞いた>

視点を変えて考えることが、新たな価値や行動を生む

去る2月16日に東京で開催された、第2回となる「Rethinkアワード」表彰式。"ちがった見方が、明日を変える"をテーマに、視点を変えた取り組みによって社会に影響を与えた人や企業、自治体を表彰する同アワードは、目まぐるしく変化し多様化する社会の中で、"視点を変えて物事を考える文化"の浸透を目指して設立されたものだ。

boundlessTU_202303_2.jpg

Rethinkアワードの実行委員長を務めるバウンドレス株式会社の井上朋彦さん。

アワード実行委員長を務めるバウンドレス株式会社の井上朋彦さんや、各部門の選定者である有識者らとともに、表彰式にはタレントの田村淳さんも特別実行委員として参加。第1回アワードの「人部門」受賞者である田村さんは、「芸人が新しいことに挑戦すると批判にさらされることも多いが、この賞がそんな挑戦を後押ししてくれた」と、受賞後の1年を振り返った。

今回、各部門でアワードに輝いたのは、食品残渣などの未利用資源から高品質な化粧品原料などを生む株式会社ファーメンステーションや、ゴミ処理施設を市民に開放し、交流の場や防災拠点として利活用する愛媛県今治市、そして映像作家の仲信達也さんと、学生デザイナーの吉村萌さん。すべての取り組みや作品が、"当たり前"を見直すことから生まれる新たな価値や可能性に気づかせてくれるものだった。

boundlessTU_202303_4.jpg

Rethinkアワード2023の「企業部門」で受賞した株式会社ファーメンステーション代表取締役の酒井里奈さんと特別実行委員の田村淳さん。

そんな「Rethinkアワード」の実行委員のうちの一社であり運営を行なうのがバウンドレス。グローバルな広告ソリューションやクリエイティブスタジオ、広告プラットフォームを展開する、米国に本社を構えるヤフー(Yahoo Inc.)の日本法人だ。

「グローバルカンパニーである米国ヤフーでは、全社員が出席するオールハンズの会議で誰もが自由に意見できる機会があり、企業活動の中では常に多様性を尊重することが重視されています。そうした私たちのカルチャーを背景に、多様な人々が共生する社会への賛同を示す表現の一つとしてRethinkアワードをパートナーの皆様と共にスタートしました」

そう話すのは、同社の代表取締役マネージングディレクター、木原一博さんだ。2008年にシリコンバレーのヤフーに入社し、当時はソフトバンクとのジョイントベンチャーだったヤフージャパンの事業成長を米国からサポート。その後はオーストラリアのジョイントベンチャーであるYahoo!7の事業も米国本社から牽引した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

企業向けサービス価格、4月は前年比2.8%上昇 人

ワールド

中国業界、EU産輸入豚肉の反ダンピング調査要請へ=

ビジネス

インタビュー:赤字の中国事業「着実に利益を上げる形

ワールド

米テキサス州の電力消費、5月の最高記録を再度更新 
今、あなたにオススメ

お問い合わせ

    

Boundless株式会社