最新記事

北朝鮮

中国犯罪組織に「売買」される北朝鮮の女性たち

国内で売春が広がっており、それに目をつけた中国の人身売買業者が10~20代の女性を買って中国の売春宿に多数送り込んでいる

2016年3月28日(月)16時37分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

女性たち 国連で先週、北朝鮮の人権侵害を非難する決議が採択されたが、北朝鮮女性の人権状況を改善することは果たして可能なのか(写真は本文と関係ありません、2011年撮影、平壌北東の羅先特別市にて) Carlos Barria-REUTERS

 国連の人権理事会は23日、北朝鮮における人権侵害を非難する決議を採択した。決議のベースになっているのは「北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)」の最終報告書(以下、国連報告書)だ。

 国連報告書に記された北朝鮮の人権侵害状況は多岐にわたる。その中で、女性の人権状況と関連し「女性や少女は人身売買の被害を受けやすく、また、性的取引及び売春への従事が増加している」と指摘している。

 実際、こうした女性に対する人権侵害に関しては、北朝鮮国内から数多くの情報が漏れ伝わっている。

(参考記事:17歳で中国人男性に売られ...脱北女性「まだまだ幼い被害者が大勢いる」

 この北朝鮮女性の人身売買については、今なお現在進行形だ。その舞台となっているのは中朝国境。つい最近では、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が、次のような実態を伝えた。

 中国の犯罪組織と結託した売春斡旋業者は、北朝鮮国内の人身売買ブローカーに「若くてきれいな女性を送ってくれ。経験者でも構わない」と要求する。ブローカーは、北朝鮮の清津(チョンジン)、咸興(ハムン)、南浦(ナンポ)などの「待機所(違法宿泊所)」を回る。そして、売春を行っている女性を「中国に行けば大儲けできる」などと言って誘い、中国に送り出す。彼女たちは、中国で売春に従事させられるだけでなく、不法入国者ということから強制送還の恐怖にも怯えなければならない。もちろん、何ら法の保護を受けられない。

 ある脱北女性(30代)によると、「中国で結婚させてやる」と言われて、脱北したものの強制的に売春に従事されられるケースもある。その一方で、中国人男性と結婚し、子どもを産んで暮らすケースもある。しかし、結婚相手やその家族に暴力を振るわれたり、子どもを奪われたりするなど、必ずしも平穏な暮らしを送れるわけではない。

 また、人身売買とは違った形で中国人男性と結婚した北朝鮮女性が、公安当局により摘発。北朝鮮に強制送還され、家族が離ればなれになるケースも多数報告されている。送還された女性が、当局にひどい目に合わされるのは言うまでもない。

 こうした人身売買が横行する背景には、北朝鮮国内で売春が広がっていることがある。90年代中盤からの経済難によって広がった売春は、組織化が進んでいる。これに目をつけた中国の人身売買業者は、10代、20代の北朝鮮女性を中国人民元で2万元から3万元(約36万~54万円)で売買しながら、上海の南の浙江省や福建省の売春業者に送り込んでいるという。

(参考記事:北朝鮮、組織化する売春業...バス停が「風俗案内所」

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、対米黒字と軍事費に関しドイツを批

ワールド

韓国大統領、THAAD発射台追加搬入で調査指示 事

ビジネス

訂正:ギリシャ、「追加融資受け入れ見送り検討」報道

ワールド

2017年のスペイン経済成長率、2.7%以上に=ラ

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 4

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 5

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 6

    トランプがドゥテルテに明かした、北朝鮮核ミサイル…

  • 7

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 8

    北朝鮮の核攻撃に備え始めた米ハワイ州

  • 9

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 10

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があ…

  • 7

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 8

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 9

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 10

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月