最新記事

シリア内戦

米ロが27日からの停戦開始を呼び掛け、対ISIS作戦は継続

反体制派は、ISへの軍事作戦継続が、政府軍やロシア軍の攻撃続行の口実になると疑問視

2016年2月23日(火)11時12分

2月22日、米国とロシアは、シリア内戦の当事者に対し、27日から一時停戦に入るよう促す計画を発表した。シリアのハサカで19日撮影(2016年 ロイター/Rodi Said)

 米国とロシアは22日、シリア内戦の当事者に対し、27日から一時停戦に入るよう促す計画を発表した。過激派組織「イスラム国」(IS)や国際武装組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」は対象に含まれない。

 これに先立ち、オバマ米大統領とプーチン・ロシア大統領が電話会談した。停戦案の実現には、米ロがそれぞれ支援する陣営に計画を受け入れさせる必要がある。

 同案では、政府軍などのアサド政権側と反体制派の双方に自衛のための武力行使を認めており、「イスラム国」などへの軍事作戦は継続できる。

 ただ、反体制派「自由シリア軍」の関連組織は、これにより各勢力が入り乱れる反体制派の支配地域に、政府軍やロシア軍が攻撃を続ける口実になる可能性があると指摘。「そうなれば、停戦は崩壊する」と懸念を示した。

[ワシントン/ベイルート 22日 ロイター]

120x28 Reuters.gif
Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ格下げは問題を誇張、改革取り組みは過小

ビジネス

日銀、物価目標達成へ財政策と協調する必要性も=前F

ビジネス

中国格付け、再度見直しの予定ない 定期的に評価=ム

ビジネス

中国の格付け「A1」に下げ、見通し「安定的」=ムー

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

  • 4

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 5

    アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆攻撃か、1…

  • 6

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 9

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 10

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…