最新記事

科学

ノーベル賞受賞、中国はどう受け止めているのか

Nobel Prize China Wanted

反体制派・劉暁波の平和賞受賞には猛反発したが、科学分野での受賞は誇らしい?

2015年10月6日(火)18時20分
遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)

李克強首相が祝電 ノーベル医学生理学賞の発表記者会見(スクリーンの右がトゥユーユー) Fredrik Sandberg-REUTERS

 中国籍の女性医薬学者・トゥユーユー氏がノーベル賞を受賞した。平和賞受賞の劉暁波が思想犯として投獄されている中、中国政府は今回の受賞をどう受け止めているのか? 庶民の反応も含めてご紹介する。

「西側の価値観に毒されるな!」

 中国のノーベル賞に対するこれまでの基本的な姿勢は「西側の価値観に毒されるな」という「虚勢」に徹底されていた。

 筆者は今世紀に入ってから日中韓の先端技術的学問領域における知的潜在力の比較を行うべく調査を実施したことがある。

 そのころはまだアメリカ国籍を持つアメリカ在住の華人が「リー・ヤン理論」(パリティ 対称性の破れ。1957)でノーベル物理学賞を受賞したくらいで、中国とノーベル賞は無縁のものだった。

 中国で調査をする場合は、まず関係省庁に許可をもらわないといけない。「調査」という言葉を使っただけで「スパイ行為」扱いされるからだ。

 そこで科技部(科学技術に関する中央行政省庁)に当たり、調査の主旨を説明したのだが、そのとき科技部関係者の「ノーベル賞に対する中国の姿勢」が強い印象として残っている。彼はつぎのように述べた。

「ノーベル賞は西側的価値観による判断で出されている。中国には中国独自の社会主義的価値観がある。西側の普遍的価値観により受賞が決まるノーベル賞に対して、中国は関心を持っていない」

 これは中国の虚勢であるとともに、ノーベル賞の中に「平和賞」があることへの警戒であることが直感された。

 案の定、「零八憲章」の起草者として(2008年12月に)当局に身柄を拘束されていた劉暁波が、2010年10月8日に「民主化と人権の促進への貢献」でノーベル平和賞を受賞すると、中国政府は激しく抗議。「ノーベル平和賞は西側の利益の政治的な道具になった。平和賞を利用して中国社会を裂こうとしている」と批判した。

 そしてノーベル平和賞に対抗して孔子平和賞を特設し、台湾の親中派の連戦が第一回受賞者となった(日本の鳩山由紀夫氏も候補者として挙がっている)。

奇妙だった莫言氏のノーベル文学賞受賞

 一方、2012年10月11日、農民作家として知られる莫言がノーベル文学賞を受賞した。莫言氏は中国体制側の要求に沿った執筆活動しかしていない。

 このとき、中国の中央テレビ局CCTVがノーベル賞発表会見場に来ており、誰が招待したのかといぶかる声が上がった。

 というのは2012年4月、当時の温家宝首相がスウェーデンを訪問し、「環境問題の研究のため」として90 億クローナ(約1000億円)を投資すると発表していたからだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 4

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 5

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 6

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 7

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 8

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 9

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 10

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月