最新記事

ニュースデータ

殺人より自殺に走る「内向型」日本人は政府にとって都合が良い

国民の窮状すべてを自己責任で切り捨てる日本の社会は健全とは言えない

2015年7月21日(火)15時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

すべてが自己責任 殺人発生率と自殺率を比較した「内向性」の数値では日本と韓国が飛びぬけている Nakao Yuriko-REUTERS

 殺人と自殺。いずれも「殺」という文字のついた究極の社会的な逸脱行動であり、その国際ランキングはよく話題になる。殺人率は中南米、自殺率は旧共産圏の社会で高いことはよく知られている。

 しかしながら、この逆の方向を向いた2つの逸脱行動を同時に観察することで、当該社会の国民性のようなものが見えてくる。このような試みは、これまであまりないようだ。

 下の<表1>は、2010年の殺人発生率と自殺率の国際統計を集計したもの。前者は人口10万人あたりの殺人発生件数であり、出所は国連薬物犯罪事務所(UNODC)ホームページの「Crime and criminal justice statistics」だ。後者は人口10万人あたりの自殺者数で、世界保健機関(WHO)ホームページの「Mortality Database」が出典元だ。

dataessey0721-chart1.jpg

 まず主要国の統計を見てみる。殺人率はブラジルが23.3と飛びぬけて高く、日本は0.4と最も低い。自殺率は反対にブラジルが最も低く、トップは韓国で、日本はそれに次ぐ。韓国で自殺率が高いのは、高齢者の自殺が非常に多いためだ。南米は殺人型、日韓は自殺型で、他の欧米諸国はその中間に位置している。

 表の右端には、筆者独自の計算で「内向率」という数値を示した。各国の国民がどれほど内向的かを推測する尺度で、殺人と自殺の総和に占める自殺の割合(%)で表わしている。殺人・自殺とも人口10万人あたりの数にしているので、このような計算をしても差し支えないだろう。これをみると日本が98.3%で最も高く、その次が韓国で97.2%、アメリカは72.4%で、ブラジルになると17.8%まで急降下する。

 殺人と自殺の総和を極限の危機状況の合計とみなすと、日本ではそのほぼ全てが自殺によって処理されている。一方ブラジルでは、危機打開のための攻撃性の8割以上が「外」に向けられている。日本人の内向性は、国際意識調査でしばしば明らかにされるが、こうした客観的な逸脱統計にもそれははっきりと表れている。

ニュース速報

ワールド

メキシコ中部でM7.1の地震、死者100人超える

ビジネス

米破産裁判所、トイザラスへの融資を承認 約20億ド

ビジネス

焦点:FRB,資産縮小正式発表へ 市場の動揺回避に

ワールド

焦点:4選狙うメルケル首相、難民巡る「どん底」から

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月