コラム

「オバマケア」のシステム不具合で窮地に立つオバマ

2013年11月14日(木)13時38分

 現在のアメリカでは「オバマケア」の名前で呼ばれる医療保険改革の問題が連日のようにニュースのヘッドラインになっています。と言っても、改革を進めるのか、あるいは共和党の言うように新制度を「廃止」するのかという議論ではありません。

 10月からスタートした「新医療保険」、つまりこれまで保険に入れなかったか、あるいは入っていても保険料が高額で困っていた人向けの「政府の補助付きの新型医療保険」、その「加入申し込みシステム」の不具合が解消されないのです。この問題は今となってはスキャンダルと化して、一日一日とオバマ政権への信頼感を傷つけています。

 一番の問題は、「強制移行」の対象者です。旧制度の下で、企業や官公庁などの「雇用主が保険会社と契約して入る保険」でカバーされていた人々(実際はアメリカ社会の多数派ですが)は、今回の制度改定での影響は余りありません。問題は、これまで「全額自己負担」という個人契約の医療保険に入っていた人々です。こうした「全額自己負担の個人加入保険」というのは新制度の発足に伴って廃止されることになっているのですが、問題はこの対象にあたるグループです。

 このグループは、2014年から「オバマの新制度」による「政府補助付き新型医療保険」に「強制加入」になるのです。既にそのような告知がされており、従って「新しく新型医療保険に入らないと、無保険状態になってしまう」のです。ところが、その新型保険の申し込みシステムがトラブっているわけで、そうなると本当にこうした人々は保険が切れてしまうことになります。

 また現在無保険の人の場合も、この「新型医療保険」に入れるわけですが、更に「国民皆保険」を徹底するために「罰則規定」があり、2014年の4月1日までに保険に入っていない人には「追徴課税」がされるということになっています。ちなみに、この罰則の適用を逃れるには、3月31日までに手続きをしたのでは遅く、事実上は2月15日くらいまでに手続きをしておかないと4月に保険の空白ができてしまうのです。

 さて、現時点(アメリカ時間の11月13日)で切迫した問題は、そのように罰則規定という強制力を持って導入しようとしている新制度にも関わらず、オンラインでの手続きがスムーズでないという問題です。実はオバマ政権は「情報公開」を渋っていて本当の実情は分からないのですが、とにかく、手続きに時間がかかったり、システムがダウンしたりという問題が続いています。

 トップページから始まって、手続きが完了するまで3時間かかったとか、いや5時間だとか、10月1日の受付開始初日に手続きが完了した人は「6人しかいないらしい」とか、10月末の時点で計画では「50万人が手続き完了」になっているはずが、実際は「11万人弱だけだった」などといった報道が連日のように出てくる始末です。

 そんな状況ではあるのですが、オバマ政権は「11月30日までにシステムの正常化を完了する」と言っており、現時点では「罰則を伴う強制移行の期限」そのものを延長するということは言っていません。当初発注した外注先だけでなく、最近ではグーグルをはじめとした一流のIT企業に「急遽プロジェクトへの支援を」という依頼をしているという報道もありますが、とにかく政権としては「意地になっている」ように見えます。担当閣僚のシベリウス保健福祉長官も、何度も辞任説が取りざたされる中、現時点では職にとどまって「対策」に奔走しているようです。

 さて、12日の火曜日には、こうした混乱を受けてビル・クリントン元大統領がインタビューの中で「こうなったら強制移行の期限を延長すべきだ」と発言、強気を崩さないオバマ政権側にやや距離を置こうという姿勢を示しました。これを受けて、メディアは「民主党内の批判強まる」などと騒ぎ始め、野党の共和党側は「民主党内での意見が分裂しつつある兆候」だと「論評」しています。その筆頭は他ならぬ「サラ・ペイリン氏」で久々に公の場に出てきたのですが「オバマケアに関してはクリントンの方が正しい」などと、「分裂」を煽っていました。

 ちなみに、このクリントン発言ですが、基本的には「ヒラリーを共犯者にしないために泥舟から逃げようとしている」的な政治的な思惑を感じます。ハッキリ言って、それ以上でも以下でもないと思います。むしろ2016年の大統領選を意識するのであれば、当然の行動と言っても構わないでしょう。

 2016年ということでは、「分裂状態」であるのは共和党の方も同じです。ティーパーティー系の政治家、例えばテキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員などは「だからオバマケアはダメなんだ」と相変わらずの対決姿勢を見せる一方で、今や全国的な人気を誇るニュージャージー州のクリスティ知事(中道系)は「与野党の政争で国民が迷惑していることの一つ。だからワシントンはダメなんだ」と吠えており、全くまとまっていません。

 もっとも、共和党全体としては今回の「システムダウン」問題は、全くの敵失であり、特に大騒ぎしないで静観していればオバマの方がどんどん自滅するという計算もしているようで、「オバマ批判で大いに盛り上がっている」というわけでもないようです。

 そんな中、政権としては「11月30日」という自分たちが決めた「システムの正常化期限」が守れるのか、それともクリントン元大統領の言うように諦めて「強制移行期限の延長」をするのか、決断を迫られているわけです。オバマの判断が注目されます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

バングラデシュ、ISIS系の武装集団が飲食店を襲撃

ビジネス

インタビュー:資源分野利益を20年に3倍へ、投資継

ビジネス

米国株は4日続伸、好調な米製造業統計が買い材料

ビジネス

英国、EU離脱の明確な行程表提示する必要=ECB専

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  7. 7

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  8. 8

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  9. 9

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  10. 10

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  3. 3

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  6. 6

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  7. 7

    アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

    7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です…

  8. 8

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  9. 9

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  10. 10

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  5. 5

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  6. 6

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  7. 7

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう