ニュース速報

ビジネス

英中銀、全会一致で金利据え置き決定・成長見通し下方修正

2016年02月05日(金)05時10分

2月4日、イングランド銀行は市場予想通り、政策金利を0.50%に据え置き、資産買い入れ枠も3750億ポンドに据え置いた。写真は2013年8月、ロンドンの英中銀前で撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 4日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は4日、市場の予想通り、政策金利を0.50%に据え置き、資産買い入れ枠も3750億ポンドに据え置いた。

中銀は同時に公表した四半期インフレ報告の中で、世界経済の見通しが弱まっているとし、国内経済成長予想を下方修正。さらに、昨年8月以降利上げを支持してきたマカファーティー委員が今回の金融政策委員会で利上げ主張を取り下げるなど、政策金利が当面据え置かれる可能性を示唆した。

そうした中、カーニー英中銀総裁は次の行動は利下げよりも利上げの公算が大きいと言明した。

カーニー総裁は、英国内経済は底堅く推移しているものの、新興国経済の不振でリスクが高まる中、世界の成長率は最良のケースでも緩やかなペースにとどまる見通しで、英経済の足かせになると警告した。

中国経済の再調整や金融状況のひっ迫、市場ボラティリティの拡大など、英国へのリスクが高まっていると指摘。「これらすべての動向が、貿易や金融、信頼感を通じて英成長への下振れリスクとなる」とし、とりわけ純輸出が英成長への足かせとなる見通しとした。

同時に、最近のポンド安、底堅い金融システム、家計・企業の支出の堅調な伸びが支えとなり、英経済が世界情勢によってもたらされる逆風を乗り切ることが可能との見解も示した。

その上で総裁は、「英中銀は金利に関し、適時に適切な行動を取る」とし、「次の行動が利上げとなる可能性が高い」と強調した。

中銀が公表した金融政策委員会の議事要旨によると、委員会は全会一致で政策金利の据え置きを決定した。8月以降利上げを主張してきたマカファーティー委員は予想外に利上げ主張を取り下げた。「低インフレのさらなる長期化は、賃金インフレの回復ペースが従来見通しよりも初めは控えめになることを示す」としている。

四半期インフレ報告によると、2016年のGDP見通しは2.2%増、前回11月は2.5%増。17年は2.3%増、前回は2.6%増。18年は2.4%増、前回は2.5%増。

インフレ見通しは、2016年を通じ1%を下回る水準にとどまるとし、前回予想よりも長期間にわたりインフレ率が低水準にとどまることを見込んだ。今後2年では2%を幾分上回る水準まで上昇するとし、前回予想と同様の内容となった。

報告では「新興市場国経済が概ね引き続き減速し、米経済成長も予想を下回るなか、世界経済の成長は過去3カ月間でさらに鈍った」と指摘した。

金利見通しについては向こう3年間で段階的に上昇する可能性があるとした。

金融市場では、ポンドが対ユーロで下落。英国債価格は一時上昇した。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!