ニュース速報

ビジネス

英中銀、全会一致で金利据え置き決定・成長見通し下方修正

2016年02月05日(金)05時10分

2月4日、イングランド銀行は市場予想通り、政策金利を0.50%に据え置き、資産買い入れ枠も3750億ポンドに据え置いた。写真は2013年8月、ロンドンの英中銀前で撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 4日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は4日、市場の予想通り、政策金利を0.50%に据え置き、資産買い入れ枠も3750億ポンドに据え置いた。

中銀は同時に公表した四半期インフレ報告の中で、世界経済の見通しが弱まっているとし、国内経済成長予想を下方修正。さらに、昨年8月以降利上げを支持してきたマカファーティー委員が今回の金融政策委員会で利上げ主張を取り下げるなど、政策金利が当面据え置かれる可能性を示唆した。

そうした中、カーニー英中銀総裁は次の行動は利下げよりも利上げの公算が大きいと言明した。

カーニー総裁は、英国内経済は底堅く推移しているものの、新興国経済の不振でリスクが高まる中、世界の成長率は最良のケースでも緩やかなペースにとどまる見通しで、英経済の足かせになると警告した。

中国経済の再調整や金融状況のひっ迫、市場ボラティリティの拡大など、英国へのリスクが高まっていると指摘。「これらすべての動向が、貿易や金融、信頼感を通じて英成長への下振れリスクとなる」とし、とりわけ純輸出が英成長への足かせとなる見通しとした。

同時に、最近のポンド安、底堅い金融システム、家計・企業の支出の堅調な伸びが支えとなり、英経済が世界情勢によってもたらされる逆風を乗り切ることが可能との見解も示した。

その上で総裁は、「英中銀は金利に関し、適時に適切な行動を取る」とし、「次の行動が利上げとなる可能性が高い」と強調した。

中銀が公表した金融政策委員会の議事要旨によると、委員会は全会一致で政策金利の据え置きを決定した。8月以降利上げを主張してきたマカファーティー委員は予想外に利上げ主張を取り下げた。「低インフレのさらなる長期化は、賃金インフレの回復ペースが従来見通しよりも初めは控えめになることを示す」としている。

四半期インフレ報告によると、2016年のGDP見通しは2.2%増、前回11月は2.5%増。17年は2.3%増、前回は2.6%増。18年は2.4%増、前回は2.5%増。

インフレ見通しは、2016年を通じ1%を下回る水準にとどまるとし、前回予想よりも長期間にわたりインフレ率が低水準にとどまることを見込んだ。今後2年では2%を幾分上回る水準まで上昇するとし、前回予想と同様の内容となった。

報告では「新興市場国経済が概ね引き続き減速し、米経済成長も予想を下回るなか、世界経済の成長は過去3カ月間でさらに鈍った」と指摘した。

金利見通しについては向こう3年間で段階的に上昇する可能性があるとした。

金融市場では、ポンドが対ユーロで下落。英国債価格は一時上昇した。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ドルは114円半ば、株高・米長期金利上昇で強含み

ビジネス

中国11月PPIは前年比+3.3%、5年ぶり高い伸

ビジネス

日経平均は年初来高値を更新、良好な外部環境が追い風

ビジネス

フィリピン業務委託企業、トランプ氏とドゥテルテ氏の

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 2

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案──トランプ新政権に行動を促す

  • 3

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのもつ危険性

  • 4

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 5

    光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

  • 6

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られ…

  • 7

    来週プーチン露大統領来日、北方領土への期待値下げ…

  • 8

    トランプ「薬価引き下げる」 具体案は示さず、製薬…

  • 9

    「トランプ劇場」に振り回される習近平

  • 10

    「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!