コラム

「巨大地震」のリスクが東京を一層前進させる

2012年03月27日(火)14時10分

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ

〔3月21日号掲載〕

 東日本大震災から1年、東京は目立たないところで深遠な変化を遂げている。毎日の暮らしは大して変わらなくても、人々は心の奥深いところで大地震が起きる可能性を常に考えるようになった。

 今はみんな日頃の備えに熱心だ。確かに少しばかげているといえなくもない。昨年の今頃、私の自宅には地震に備えて非常用持ち出し袋が2つあった。それが今では5つ(学校にも別に1つ置いている)。自宅が360度どの方向に倒れてもいいように、通り側と裏庭側に分けて置いてある。

 帰宅支援マップも数冊買った。いつか実際に家まで歩いて帰ってみようと思いつつ、まだ実行していない。それでも本を持ち歩いているだけで妙に安心する。地震関連の商品を見つけるたびに買い込んだが、安くはなかった。こうした備えは心配し過ぎでもあり、至極もっともでもある。要するに東京の街と同じで矛盾だらけなのだ。

 東日本大震災の衝撃と混乱から、私は東京のビルを見るときに強度を値踏みするようになった。「いやいや、こいつはヤバイだろう!」というビルもある。私の評価には客観的な根拠があるわけではないが、レストランのレビューサイトは地震に強いかどうかの評価も加えてはどうだろう。

 今では行く先々でこう自問する。「大地震が起きたときに自分はここにいたいだろうか」。会議室、教室、電車、バーやレストランなど、いつもの場所はそのときどうなるかと想像する。小さい地震のたびに「えっ、もしこの場所で、あの大地震が来たら!?」と思う。シャワーを浴びている最中なら大急ぎで浴び終える。

■他人に対する意識にも変化が

 夜遅く帰りの電車で、(実はちょっと飲み過ぎていて)空中ブランコ乗りのようにつり輪にぶら下がっていたら、妙な考えが浮かんだ。酔っぱらっているときに大地震が来たら? 途端に酔いが吹き飛んだ! そのくせ非常用持ち出し袋にワインを1本詰め込んだのだけれど。

 この1年間で東京人は格段に温かく愛想よくなった──とは言わないまでも、以前よりは他人のことを気に掛けるようになった。ある晩、中央線が止まると、乗客の誰もが車内アナウンスに耳を傾けた。車内を見回すと、みんな自分だけのミクロの世界に引きこもるのではなく周囲を見回していた。運転再開までの1時間が「本番」に備える予行演習に思えた。

 大地震が来たら居合わせた赤の他人と一緒に足止めを食うかもしれない。東京人はそれを百も承知だ。最悪の場合は協力し、いたわり合う必要も出てくるだろう。東京では、地震が自分たちを結び付けるかもしれないという意識が、お互いを以前より少し「他人」でなくしている。

 東京人は心のどこかで起こり得る惨事を思い描いている。想像も現実に負けず劣らず耐え難い。新宿駅のエスカレーターは普段でも混雑していて大変だ。本当の緊急時にはどうなることやら。

 そこで私は自分に言い聞かせる。東京には問題もあるが、おそらく世界一秩序があって移動しやすく機能的な都市だ。大地震のときにどこにいたいか、世界の大都市から選ぶとしたら、私はたぶん東京を選ぶ。といっても、選んで正解だったかどうかを身をもって知る羽目になるのはごめんだが。

 この1年間で東京の別のイメージも浮かび上がった。成長し繁栄し続ける都市というイメージだ。電車の新路線の建設やパチンコ店の新規開店やタクシー乗り場の再編をやめるなんてナンセンス。ひたすら前進あるのみだ。

 東京はむしろ以前より活気に満ちている。この1年間、地震のたびに「ついに大地震が?」と思うことで、人々は人生を早送りし、結婚したり転職したり、より充実した人生を送るようになった。これはあくまでも推測だが、より現実的にもなっているかもしれない。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

スコットランド首相がEU残留目指す、欧州議会指導部

ワールド

英次期首相決定が1週間後ずれ、9月9日まで=保守党

ビジネス

欧州銀行監督機構や清算機関の拠点、ロンドン撤退へ=

ビジネス

米GDP第1四半期1.1%増に上方修正、個人消費は

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  4. 4

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう