コラム

企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

2014年12月13日(土)12時45分

 ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。同社は大変な災難に遭ったわけだが、同時に事件の「結果」をどうとらえるべきかについていろいろな考察を迫られるだろう。

 まず、事件をおさらいしよう。

「平和の守護神(Guardians of Peace)」と名乗るハッカー集団がソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)の社内ネットワークに侵入し、重要な書類等を盗み出したことが明らかになった。11月末のことだ。言うまでもないが、SPEはソニーの映画部門でハリウッドのパワー・プレーヤーだ。

 何が盗まれたのか。これまでわかったところでは、社員(とくにエグゼクティブ)の給与明細、社会保障番号、ビジネス戦略の概要、俳優や取引先との契約額、新作未公開の映画5本、そして社内メールだ。ただし全容はまだ不明で、これまでと同様、これからも五月雨式に出てくるかもしれない。

 当初、その手法からこのハッカーたちは北朝鮮の関係者と見られていたが、現在では別者という見方も強いようだ。ただし「守護神」が北朝鮮の最高指導者、金正恩の暗殺計画を描いたコメディー映画『インタビュー』の公開中止を求めていることは確かなようだ。またソニー・グループは同期間に、複数のハッカー集団から攻撃を受けている。

 流出した情報はいろいろな帰結をもたらすだろう。

 給与明細は、社内のモラルの低下につながる可能性が高い。誰がいくらもらっているのかがわかるだけでなく、「なぜ仕事のできないアイツが俺よりもたくさんもらうのだ?」などの疑問や不満を刺激し、上司に昇給を要求する社員、辞める社員などが続出するだろう。

 ビジネス戦略や取引先との契約の情報は、ビジネスにとってまずい。秘密裏に進めていた新しい映画のプロジェクトが丸見えになる。契約情報は今後これを盾に別の俳優や会社から高い額を要求される事態も招くだろう。

 未公開映画は、本当にまずい。すでに作品はファイル共有サイトにアップされてしまい、多くの人々がダウンロードしただろう。映画を公開したときには映画館がガラ空きということにもなりかねない。ソニーは、そうしたダウンロードサイトに反対に攻撃を仕掛け、ダウンロードに延々と時間がかかり、またダウンロード完了の暁にはファイルの中身は空だったことにする作戦に出ているようだ。

 社内、社外関係者とのやりとりを明らかにしたメールの内容も興味深い。ことに注目を集めているのは、SPEの共同会長兼同社映画部門会長であるエイミー・パスカルのやりとりだ。

 彼女は、外部プロデューサーであるスコット・ルーディンとの間で、女優のアンジェリーナ・ジョリーを才能がないとこき下ろしたり、ドリームワークス共同創業者のジェフリー・カッツェンバーグ宅でのオバマ大統領歓迎の朝食会を「アホくさいジェフリー宅での集まり」などと言って、大物のカッツェンバーグをバカにする発言をしたりしている。パスカルはオバマ大統領や民主党に寄付をしている1人。また寄付を迫られることへの憤りが出たのかのかもしれないが。

 もっと深刻なのは、そのやりとりで人種差別的発言が出てくることだ。上述の朝食会に関して、オバマ大統領は「どの黒人映画が好きなのか、尋ねてやろうかしら」といったジョークがやりとりされている。話題に出た映画は、黒人が虐げられた歴史物、黒人がカウボーイになる話、ホワイトハウスの黒人バトラーの話などで、いずれにしても黒人を殊更に強調した作品ばかりだ。

 給与明細、取引先との契約額などの情報は、ソニーにとっては重大事だが第三者にとっては「なるほど」と参考になる程度。流出した未公開映画は、騒ぎに便乗して観ようとする人々もいたかもしれないが、実際はその数は限られていただろう。

 だが、この人種差別発言はただ「ハッカーに不正に盗まれた情報」としてはすまされない要素を含んでいる。エイミー・パスカルは事件発覚後に「個人的なやりとりが不正に明るみに出されたが、私の本当の人格を反映したものではない」とツイートしたようだ。

 ただし、そんな言い訳は小学生でも信じないだろう。そんな人格だからそんな発言をするのだ。ハリウッドやウォールストリートはパワーと金がものを言う世界で、彼女もハリウッドのトップで恐怖政治を行い、こんなジョークも飛ばしたくなる勢いがあったのだろう。だが、マズいものはマズいのだ。

 これは相手が大統領だったから問題なのではなく、もしオバマがアジア人だったら、彼らはアジア人が出てくる映画を引き合いに出して笑っていただろう。表では差別などとは無縁という顔をしていても、一枚皮を剥ぐとかなり複雑な人種間の感情があるのがこの国である。今回はそれがうっかりと表出してしまったわけだ。

 興味深いのは、これに対してソニーがどう対処するかだ。不正に盗まれた情報の内容をなかったものにできないのは、元CIA職員のエドワード・スノーデンがハッキングで明らかにした国家安全保障局(NSA)の個人情報収集が激しい批判を浴びた問題で我々は経験済みだ。ハッカーや不正侵入という問題以上に議論すべき問題がここにあるという意味では、大袈裟だがこれはプチ・スノーデン的事件と言える。

 ハリウッドの流儀だから仕方がない、という声もある。だが、ソニーはたびたびの攻撃からすでにハッカーに食い物にされているような印象が定着しそうになっている上に、こんな発言をするハリウッド人間にも食い物にされていると捉えられるリスクも小さくない。

 何せパスカルは、親会社であるソニーの平井一夫CEOの約2倍にあたる、300万ドルもの報酬をもらっていることが、今回の情報流出で明らかになった。何らかの対策をしなければ、アジアの親会社は放し飼いする以上の判断力がないものと捉えられるだろう。

 今回の事件は、単なるセキュリティー以上にもっと複雑な構図を露呈させてしまったと言える。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ビジネス

ECB、早期にギリシャをQE対象に認定するよう期待

ビジネス

かなり早期に米利上げの可能性、景気足取り堅調=FR

ビジネス

米耐久財受注、4月は3.4%増 投資先行指標は3カ

ビジネス

米新規失業保険申請26.8万件に減少、予想以上の改

MAGAZINE

特集:アメリカとヒロシマ

2016-5・24号(5/31発売)

オバマが現職の米大統領として初めて広島を訪れる──。被爆地に注目が集まる今だからこそ耳を傾けるべき声がある。

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    「オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず」ホワイトハウスが発表

    伊勢志摩サミットで来日時に現職の米大統領として…

  2. 2

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  3. 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  4. 4

    サンダースが敗北を認めない民主党の異常事態

  5. 5

    歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

  6. 6

    【動画】ドローンを使ったマグロの一本釣りが話題に

  7. 7

    北朝鮮がアフリカに犯罪者数百人を「輸出」疑惑

  8. 8

    行動経済学はマーケティングの「万能酸」になる

  9. 9

    イランがホロコースト風刺画コンテスト、シャルリ・エブドへの報復

  10. 10

    全国の企業で遅れるエアコン点検義務への対応

    担当者も対象機種や具体的な実務を理解していない…

  1. 1

    オバマ大統領の広島訪問が、直前まで発表できない理由

    ジョン・ケリー米国務長官は今月11日、G7外…

  2. 2

    中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

    今年で文化大革命が始まって50年だが、中国政府は…

  3. 3

    安倍首相の真珠湾献花、ベストのタイミングはいつか?

    <オバマ米大統領の広島訪問に対応する形で、安倍…

  4. 4

    パナマ文書問題、日本の資産家は本当に税金逃れをしているのか?

    〔ここに注目〕日本の企業活動、税法の特徴…

  5. 5

    現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

    共和党に2カ月遅れて、民主党もようやく今週1…

  6. 6

    ジャーナリズムと批評(2):絶滅危惧種としての理論家と運動

    映画化もされた小説『虚栄の篝火』や、ノンフィクシ…

  7. 7

    出版不況でもたくましいインディーズ出版社の生き残り術

    日本と同様、出版不況に直面するアメリカの出版業界…

  8. 8

    AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

    「AIやロボットが人間の仕事を奪うようになる」とい…

  9. 9

    ヒラリー対トランプの「ゴシップ合戦」に突入した大統領選

    アメリカの大統領選は、ここへ来て「ゴシップ合…

  10. 10

    伊勢志摩サミット、日本文化の真髄として伊勢神宮の紹介を

    首相夫人の安倍昭恵氏が先月末に三重県を訪れ、…

  1. 1

    米テキサス州、地震急増の原因はシェール採掘か=研究

    米テキサス大学オースティン校の地質学者クリフ…

  2. 2

    中国戦闘機2機が米機に異常接近、南シナ海上空で=米国防総省

    米国防総省は、南シナ海上空で17日、中国軍の…

  3. 3

    パリ発のエジプト航空機が消息絶つ、海に墜落か 66人搭乗

    エジプト航空の乗員・乗客66人を乗せたパリ発…

  4. 4

    行儀悪い売り方やめた、「白物家電の二の舞い」懸念=スズキ会長

    スズキの鈴木修会長は10日に開いた決算会見で…

  5. 5

    訂正:三菱自の燃費不正は経営陣の圧力 国交省、スズキには再報告要請

    会見内容などを追加しました[東京 18日 ロイ…

  6. 6

    米テスラ、株式発行などで2200億円調達へ 「モデル3」開発加速で

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モータ…

  7. 7

    訂正:三菱自、相川社長が6月引責辞任 益子会長は新体制発足まで続投

    三菱自動車は18日、相川哲郎社長と中尾龍吾副…

  8. 8

    焦点:南シナ海仲裁裁判に台湾が横やり、裁定遅延の恐れも

    台湾の当局に近い団体が、南シナ海の領有権をめ…

  9. 9

    ECB追加措置の検討は秋に、必要なら新規買入可能=リトアニア中銀総裁

    リトアニア中央銀行のバシリアウスカス総裁は、…

  10. 10

    インタビュー:トランプ氏、核阻止へ金正恩氏との会談に前向き

    米大統領選で共和党候補指名を確実にしたドナル…

Newsweek特別試写会2016初夏「疑惑のチャンピオン」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

パックン(パトリック・ハーラン)

破壊王! トランプの「政治テロ」が促すア