コラム

企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

2014年12月13日(土)12時45分

 ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。同社は大変な災難に遭ったわけだが、同時に事件の「結果」をどうとらえるべきかについていろいろな考察を迫られるだろう。

 まず、事件をおさらいしよう。

「平和の守護神(Guardians of Peace)」と名乗るハッカー集団がソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)の社内ネットワークに侵入し、重要な書類等を盗み出したことが明らかになった。11月末のことだ。言うまでもないが、SPEはソニーの映画部門でハリウッドのパワー・プレーヤーだ。

 何が盗まれたのか。これまでわかったところでは、社員(とくにエグゼクティブ)の給与明細、社会保障番号、ビジネス戦略の概要、俳優や取引先との契約額、新作未公開の映画5本、そして社内メールだ。ただし全容はまだ不明で、これまでと同様、これからも五月雨式に出てくるかもしれない。

 当初、その手法からこのハッカーたちは北朝鮮の関係者と見られていたが、現在では別者という見方も強いようだ。ただし「守護神」が北朝鮮の最高指導者、金正恩の暗殺計画を描いたコメディー映画『インタビュー』の公開中止を求めていることは確かなようだ。またソニー・グループは同期間に、複数のハッカー集団から攻撃を受けている。

 流出した情報はいろいろな帰結をもたらすだろう。

 給与明細は、社内のモラルの低下につながる可能性が高い。誰がいくらもらっているのかがわかるだけでなく、「なぜ仕事のできないアイツが俺よりもたくさんもらうのだ?」などの疑問や不満を刺激し、上司に昇給を要求する社員、辞める社員などが続出するだろう。

 ビジネス戦略や取引先との契約の情報は、ビジネスにとってまずい。秘密裏に進めていた新しい映画のプロジェクトが丸見えになる。契約情報は今後これを盾に別の俳優や会社から高い額を要求される事態も招くだろう。

 未公開映画は、本当にまずい。すでに作品はファイル共有サイトにアップされてしまい、多くの人々がダウンロードしただろう。映画を公開したときには映画館がガラ空きということにもなりかねない。ソニーは、そうしたダウンロードサイトに反対に攻撃を仕掛け、ダウンロードに延々と時間がかかり、またダウンロード完了の暁にはファイルの中身は空だったことにする作戦に出ているようだ。

 社内、社外関係者とのやりとりを明らかにしたメールの内容も興味深い。ことに注目を集めているのは、SPEの共同会長兼同社映画部門会長であるエイミー・パスカルのやりとりだ。

 彼女は、外部プロデューサーであるスコット・ルーディンとの間で、女優のアンジェリーナ・ジョリーを才能がないとこき下ろしたり、ドリームワークス共同創業者のジェフリー・カッツェンバーグ宅でのオバマ大統領歓迎の朝食会を「アホくさいジェフリー宅での集まり」などと言って、大物のカッツェンバーグをバカにする発言をしたりしている。パスカルはオバマ大統領や民主党に寄付をしている1人。また寄付を迫られることへの憤りが出たのかのかもしれないが。

 もっと深刻なのは、そのやりとりで人種差別的発言が出てくることだ。上述の朝食会に関して、オバマ大統領は「どの黒人映画が好きなのか、尋ねてやろうかしら」といったジョークがやりとりされている。話題に出た映画は、黒人が虐げられた歴史物、黒人がカウボーイになる話、ホワイトハウスの黒人バトラーの話などで、いずれにしても黒人を殊更に強調した作品ばかりだ。

 給与明細、取引先との契約額などの情報は、ソニーにとっては重大事だが第三者にとっては「なるほど」と参考になる程度。流出した未公開映画は、騒ぎに便乗して観ようとする人々もいたかもしれないが、実際はその数は限られていただろう。

 だが、この人種差別発言はただ「ハッカーに不正に盗まれた情報」としてはすまされない要素を含んでいる。エイミー・パスカルは事件発覚後に「個人的なやりとりが不正に明るみに出されたが、私の本当の人格を反映したものではない」とツイートしたようだ。

 ただし、そんな言い訳は小学生でも信じないだろう。そんな人格だからそんな発言をするのだ。ハリウッドやウォールストリートはパワーと金がものを言う世界で、彼女もハリウッドのトップで恐怖政治を行い、こんなジョークも飛ばしたくなる勢いがあったのだろう。だが、マズいものはマズいのだ。

 これは相手が大統領だったから問題なのではなく、もしオバマがアジア人だったら、彼らはアジア人が出てくる映画を引き合いに出して笑っていただろう。表では差別などとは無縁という顔をしていても、一枚皮を剥ぐとかなり複雑な人種間の感情があるのがこの国である。今回はそれがうっかりと表出してしまったわけだ。

 興味深いのは、これに対してソニーがどう対処するかだ。不正に盗まれた情報の内容をなかったものにできないのは、元CIA職員のエドワード・スノーデンがハッキングで明らかにした国家安全保障局(NSA)の個人情報収集が激しい批判を浴びた問題で我々は経験済みだ。ハッカーや不正侵入という問題以上に議論すべき問題がここにあるという意味では、大袈裟だがこれはプチ・スノーデン的事件と言える。

 ハリウッドの流儀だから仕方がない、という声もある。だが、ソニーはたびたびの攻撃からすでにハッカーに食い物にされているような印象が定着しそうになっている上に、こんな発言をするハリウッド人間にも食い物にされていると捉えられるリスクも小さくない。

 何せパスカルは、親会社であるソニーの平井一夫CEOの約2倍にあたる、300万ドルもの報酬をもらっていることが、今回の情報流出で明らかになった。何らかの対策をしなければ、アジアの親会社は放し飼いする以上の判断力がないものと捉えられるだろう。

 今回の事件は、単なるセキュリティー以上にもっと複雑な構図を露呈させてしまったと言える。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ビジネス

ロッテ株主総会、現経営陣刷新案を否決 長男側は臨時

ワールド

アングル:北朝鮮ミサイル開発にみる金正恩氏の「鉄の

ビジネス

米国株が大幅反落、英EU離脱の不意打ちで

ワールド

クリントン氏支持率、トランプ氏を13ポイント引き離

MAGAZINE

特集:英国はどこへ行く?

2016-6・28号(6/21発売)

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  2. 2

    もし第3次世界大戦が起こったら

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  5. 5

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  6. 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  9. 9

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  10. 10

    あらゆる抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、アメリカで初の感染が見つかる

    ペンシルバニア州に住む49歳の女性から発見…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  6. 6

    グラフでわかる、当面「円高」が避けられないただ1つの理由

    〔ここに注目〕物価 為替市場において円高が…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    北海道新幹線は、採算が合わないことが分かっているのになぜ開通させたのか?

    〔ここに注目〕JR北海道の経営母体 北海道…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  2. 2

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  6. 6

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  7. 7

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう