コラム

「日銀バッシャー」を日銀総裁にすると何が起こるのか

2013年02月26日(火)15時45分

 注目されていた日銀総裁に、黒田東彦氏(アジア開発銀行総裁)の名前が浮かんでいる。政府は今週中にも、黒田氏を総裁に、副総裁に岩田規久男氏(学習院大学教授)などを任命する人事案を野党に提示する方針だという。参議院の最大会派である民主党は「財務省OBでもいい」と容認の方向だというが、これは問題を取り違えている。

 重要なのは出身母体ではなく、彼らがどういう金融政策をとるかである。黒田氏は財務省の財務官だったころから「日銀の金融緩和が足りないから円高になる」と批判を繰り返し、岩田氏は「日銀はデフレ・ターゲティングだ」と激しく批判してきた「日銀バッシャー」である。これはアンチ巨人の評論家を巨人軍の監督にするようなもので、チームは大混乱になるだろう。

 日銀がどうなろうと正しい政策が出てくればいいが、彼らがお手本とするアメリカのFRB(連邦準備制度理事会)では、これとは逆の動きが起こっている。先週、明らかになった1月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録では、量的緩和を続けるべきかどうかについて意見がわかれたことが明らかになり、株価が急落した。

 この原因は、FRBが続けてきたQE(量的緩和)に効果がなく、副作用が大きいという批判が強まったことだ。特にREIT(不動産投資信託)などの不動産市場が過熱している。アメリカのREIT残高は2010年末の1500億ドルから、12年末には4000億ドルへと急増し、価格も上がって「REITバブルの再来」ともいわれている。

 他方、QEの効果については、2008年の金融危機の直後に行なわれたQE1は金融システム危機を乗り超える効果があったが、そのあと行なわれたQE2、QE3の効果は疑わしい。その原因は、アメリカが日本と同じくゼロ金利になったからだ。金融調節は金利で行なわれるので、金利がゼロに貼りつくとそれ以上は緩和できないのだ。

 それでも通貨をばらまけば何か起こるかもしれない、という実験として日銀は2002年から量的緩和を行なって最大75%も資産を増やしたが、何も起こらなかった。これに対してFRBは、長期国債や不動産担保証券(MBS)などを買い入れた。これは理論的には、長期金利を低下させて緩和効果があるはずだが、現実にはQEが行なわれたあと、アメリカの長期金利は上昇した。この原因は諸説あるが、ドルの債券市場は大きいので、FRBが自由に操作できないのだろう。

 結果的には、図のようにFRBが通貨供給(monetary base)を3倍以上に増やしたのに、市場に出回る資金(currency)はほとんど増えず、したがって名目GDPにも物価(GDP deflator)にも影響がなかった――というのがウッドフォード(コロンビア大学教授)の結論である。この論文は昨年8月、FRBの会議で発表され、QEについての学問的な結論と考えられている。

 要するにQEには緩和効果がなく、資産バブルを引き起こすリスクがあるので、FRBは撤退すべきだという意見がFRB理事からも出ているのだ。しかし急に資産を売却すると、長期金利が上がってFRBの保有している資産が評価損をこうむるので、慎重な出口戦略が必要だ。

 そんな中で、日銀が周回遅れの「大胆な金融緩和」に乗り出すと何が起こるのだろうか。おそらく何も起こらないだろう。それは過去の日銀の量的緩和の経験からも、上のFRBの経験からも明らかだ。日銀の金融政策決定会合は9人の政策委員の多数決で行なわれるので、日銀バッシャー2人の出した方針がそのまま決まるとも限らない。

 ただ何も起こらないのは、ましな方のシナリオだ。もしこの2人の主張にそって過激な量的緩和が行なわれると、通貨の信認が失われて国債や円が暴落する(金利が上昇する)リスクがある。暴落を防ぐために日銀が通貨を供給すると高率のインフレになり、それを引き金に銀行が国債を売り逃げると財政が破綻し、金融システムが崩壊する。

 あるかないかわからない緩和効果のために日本経済が崩壊するリスクを取るのは興味ある社会実験だが、実験台にされるのは国民である。民主党はこの人事案を拒否し、「天下りか否か」ではなく、金融政策についての本質的な論争を挑むべきだ。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!