コラム

事故現場からの生中継

2011年07月30日(土)07時00分

 今一番注目されている高速鉄道事故について、わたしはなんら一次情報を手に入れることができる立場にはない。中国ではジャーナリストには「記者証」所持が義務付けられており、外国メディアも例外ではない。警察が現場を仕切る事件、事故の現場取材など、記者証をもたないフリーランスにはまったく不可能な話なのだ。

 だからわたしも、この事件に高い関心を抱いていた人たちと同じように、既存のメディアからの情報によって事態を判断するしかなかった。しかし、わたしのこの「既存のメディア」にはインターネットがかなりの割合を占めている。

 中国ではインターネットは「一庶民が公に向けて発言できる場」として大きく利用されているのは周知の通りだが、特にマイクロブログと呼ばれるツールがその情報発信力を爆発的に広げている。日本ではマイクロブログと言えばツイッターだが、中国ではそのツイッターへのアクセスがブロックされており、その一方で「微博」(微=マイクロ、博=ブログ)と呼ばれる、ツイッターそっくりの国産ツールがいくつかあり、合計約2億人のユーザーを集めている。なお、この「微博」を「中国版ツイッター」と呼ぶ向きもあるが、「微博」とツイッターは相互乗り入れはまったくできず、無関係である。一方で実際に国内からアクセスブロックを乗り越えたり、海外から中国語でツイッターを利用している人も多いので、この呼び方はやはり混乱を呼ぶ。

 このツイッターを含むマイクロブログサービスを「公に向けて発言できる場」と見なしているのは庶民だけではない。今やプロの中国人ジャーナリストやメディア本体も、ウェブサイトやブログよりもすぐに手にした情報を発信できるメディアとして大いに活用しているのである。

 今回の鉄道事故でも「微博」に発生直後から事故車に乗り合わせた乗客や遺族のつぶやきが記録されている。そして現地に赴いたジャーナリストたちの多くも目にしたもの聞いたものを次々に「微博」を通じて発信した。我々が目にした、脱線して橋梁にぶら下がっていた車体が地上に落される様子、そして穴を掘ってD301号の運転席を埋める様子なども、すべて現場にいたジャーナリストや遠巻きに見ていた野次馬、あるいは何らかの形で現場の作業に関わっていたと思われる人たちによって、マイクロブログや動画サイトを通じてほぼ生中継でもたらされたものである。

 中国におけるネットとメディアの関係はこのように大きく変化している。所属媒体を持つ記者たちが自分のメディアに現場で見聞きした重要情報の一部を、記事を書く前からマイクロブログで流すという手法は日本で考えられない。しかし、中国ではそのメディア本体も一部例外はあるものの多くの場合、発売とほぼ同時に掲載記事の概要をマイクロブログに流し、そこに記載されたリンク先の公式ブログやウェブサイトに飛べばほとんど無料で全文読むことができる。このようなサイクルによって、今回の鉄道事故においても北京にいるわたしがほぼ同時中継のように現場で何が起こっているかを知ることができたのである。

 中国メディアがこのような「ネタ漏れ」に近い方法を取るのにはいくつかの理由がある。

 まず、国土が広く、地方紙や地方テレビ局が日本に比べて格段に多いこと。これまで発行・配信が地元に限られていたものが、ネットに情報を流すことで簡単に「全国区」になれた。特ダネや話題の情報を全国的に認知してもらうことができれば、スポンサーも引き寄せることができる。彼らにとってネットへの情報アップには損はない。

 次に、中国の伝統的なメディアコンテンツ規制により、素早く、当局のフィルターが掛かっていない情報を求める人たちがネットに集まっている。その一方で、4億人を超えたネット利用者に対して、国民の半分以上はまだ紙やテレビといった伝統的な媒体で情報を得ている。逆に言えば、ネット上の「尖った読者」を無料記事でつかみ、知名度を高めつつ、一方の伝統的な読者に買って読んでもらうという収益パターンが可能となる。さらにネット読者の信頼をつかめば当然広告も増えるし、彼らがお金を払って買ってくれるかも、という利点もある。

 そして、中国ではメディアがある種、まだ「読者の称賛」という「栄誉」に守られて生き残れる社会だというのも理由だろう。情報社会でネットを操る層には、高い学歴を持つ社会的エリートとされる人が圧倒的に多い。彼らに認められ、称賛されることでメディアは社会的に生き残るための「栄誉」を手にでき、また彼らは今中国社会で一番消費に敏感な層でもあるため、広告収入など商業的にも生き残りやすくなることができる。

 その一方で、当局の指示によって報道記事やマイクロブログの書き込みが削除されることももちろんある。しかし、既存の紙媒体ならば「発行停止」、テレビ番組ならば「全面差し替え」となるが、ネットの「削除」はポイント部分だけを消すことで作業は終わる。発行停止や差し替えは彼らの取材内容は誰の目にも触れずに消え去るが、ネット記事やマイクロブログへの書き込みはそれが人目に触れて初めて「削除」される。つまり、それが出現して削除されるまでの1分1秒の間に、必ず誰かの目に触れるのである。そしてそれが削除されるほどセンシティブな情報であればあるほど、それを目にした人々に記憶され、あるいはキャッシュに残され、コピーされる。そうして人々に広がっていけば、「情報発信」は本望を遂げたことになる。

 実はこのような「情報発信」の考え方が今、中国人ジャーナリストたちの姿勢を大きく変えている。特に今回の列車事故は、先に鳴り物入りで開通した北京-上海高速鉄道(日本では「新幹線」と呼ばれているが)も絡んで関心が高いこと、また今年に入ってすでに山東省でも大きな鉄道事故が起き、その際に劉志軍前鉄道部長(=大臣)が失職している。この劉元部長こそが高速鉄道計画を全力で推進してきた人物であることも大きな話題の一つだ。

 これらに加え、さらに中国でここ数年続いた大事故・事件取材で、若いジャーナリストたちが「事故現場取材」の場数を踏み、だんだん慣れてきたことも大きく影響している。

 というのも、これまでの大事故・大事件では必ずどこかのポイントで報道規制が敷かれてきた。ここ十年ほどジャーナリストという職業は人気が高く、次々と若いジャーナリストが誕生しているが、現場取材で正義感に燃えてこれから...という時に必ず出る報道規制に対して彼らはかなりの経験を積んだ。

 今回の事件ではのっけからマイクロブログへの現場情報が非常に多く、彼らが以前の経験からまず現場で見聞きしたことを規制が出る前に、意識的にマイクロブログに流しているように感じられる。つまり、情報を職業メディアの世界だけでまとめられるべきだと見なしているのであれば、社に持ち帰って記事にすればよいわけだが、彼らは明らかに自社メディアを超えた範囲で「情報発信」の必要性を感じているのである。

 事故発生から6日後の28日になって現場に姿を現した温家宝首相に、現地に集まったメディアたちは厳しい質問を飛ばした。そして温首相のお供の鉄道部の官吏たちが何も言わずに去って行ったことに激しい怒りの言葉を投げかけた。そしてそれらはやはりマイクロブログにすぐに流され、我々にも「報告」された。

 ジャーナリストたちは現場の実情を目の当たりにしている。重苦しい事件や事故が続く中国で、彼らが規制の多い中国の報道の世界で今後どんな形態を作り上げていくのか。今後の発展を少なからず期待しているところである。

プロフィール

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

ニュース速報

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!