コラム

バイデン政権は事実上弾切れ、中間選挙の見通しは厳しく

2021年08月27日(金)15時50分

アフガニスタンの状況についてのメディアの質問を聞くバイデン大統領 REUTERS/Jonathan

<やや気は早いものの、日本でも中間選挙後の連邦下院を失ったバイデン政権のレイムダック化を見越した議論をスタートするべきだろう>

アフガニスタンでの米軍の無残な撤退模様が全世界に配信されたことで、バイデン政権の支持率は50%を切る事態となった。カブール空港でのイスラム国による自爆テロ発生など、現在に至っても同国の情勢は安定していない。世論調査ではアフガニスタン撤退について米国民の大半は必ずしも反対ではないが、あまりに酷い撤退劇が米国民の心証に与えている負の影響は計り知れないものがあるだろう。

バイデン政権の支持率低下は来年に予定されている連邦議会議員選挙にも影響を及ぼすことになる。選挙区見直しの結果として、共和党が民主党から下院過半数を奪取する可能性が高い状況下で、バイデン政権が失地挽回するための政策を必要としていることは間違いない。

実際、NBCの最新世論調査によると、今年4月時点の世論調査結果と比較して、共和党が議会を支配したほうが良いとする人の比率が41%から46%に増加しているのに対し、民主党の数字は47%から変わっていない。つまり、この数字は勝敗ライン上にある選挙区で、当落結果の差異をもたらす無党派層の支持率が共和党に急速に傾きつつあることを示している。

失地挽回を図る方法は巨額のバラマキ政策

バイデン政権が失地挽回を図る方法は巨額の財政出動によるバラマキ政策だ。

8月24日に下院民主党執行部が党内中道派の反対を押し切って、3.5兆ドルの巨額の予算決議を通過させた。下院採決直前まで下院民主党の中道派議員らが超党派インフラ投資法案との採決順序を引き合いとし、民主党左派が主導する予算決議を止めようと試みていた。しかし、ペロシ下院議長は左派の予算決議をゴリ押しし、民主党の選挙対策としての巨額のバラマキを実現するに至った。

この背景にはバイデン政権の公約達成という目的だけでなく、アフガニスタン政策の失敗からのリカバリーとしての側面もあったことは明らかだ。バイデン政権による巨額のバラマキに伴う利益誘導は、米国経済を一時的に活性化させるとともに、各選挙区の企業・雇用を下支えすることになるからだ。

財政赤字拡大による債務上限問題が噴出する

しかし、バイデン政権の支持率のピークは「現時点」だと見て良いだろう。

米国経済は回復基調にあり、雇用も徐々に改善してきている。今後、しばらくは景気回復及びバラマキ効果が継続するであろう。ただし、FRBによる金融緩和の見直しがスタートすることが見込まれる中、現在のトレンドが来年11月の連邦議会中間選挙まで持つかは極めて疑問である。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、石油価格動向を注視=イラク石油相

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中