最新記事

寄生虫

突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に脳に侵入したサナダムシの◯◯だった

Symptoms of Tapeworm in the Brain Explained as Man Diagnosed After Seizures

2021年11月18日(木)18時00分
ロバート・リー

目に見えないほど小さなサナダムシの卵は生鮮食品や糞便に紛れているので要注意 Sinhyu-iStock

<サナダムシはかつて腸に寄生して時には何メートルにも成長することで恐れられたが、幼虫が血流に乗って脳や脊髄に達するともっと厄介なことになる>

突然激しい発作を起こし、その後に意味不明の言葉を発するなど、せん妄状態でボストンの病院に搬送された38歳の男性は、サナダムシの幼虫に脳を侵されていたことが分かった。

男性患者(身元は公表されていない)は午前4時にベッドから落ちて、けいれんを起こしている状態で発見され、マサチューセッツ総合病院に運び込まれた。この症例を報告した論文は医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンのオンライン版に11月11日に掲載された。

当初、医師らは原因不明の症状に困惑したが、前日までいたって健康だったという男性が搬送後に再びてんかん発作を起こしたことから、MRIとCTで脳を調べ、3カ所の病変を発見した。

これらの病変から、男性は神経嚢虫症と診断された。サナダムシの幼虫が血流に乗って脳内に入り、休眠状態のシスト(嚢胞)となって、悪さをしていたのだ。

嚢虫症は、豚などに寄生するサナダムシの卵が、人の体内に入り込むことで引き起こされる。なかでも脳や脊髄が侵される神経嚢虫症は非常に厄介で、治療しなければ死に至ることもあると、米疾病対策センター(CDC)は警告している。

腸内で成長するほうがまし

神経嚢虫症は、感染した領域とその領域に潜んでいたシストの数によって、多種多様な症状が出る疾患だ。

CDCによれば、最もよくある症状はてんかん発作と頭痛だが、せん妄や注意力の低下、平衡感覚の乱れなどがみられることもある。

神経嚢虫症が引き金となり、髄液が過剰に溜まり、脳室が拡大する「水頭症」を発症することもある。また、開発途上国では、大人になってから発症するてんかんのかなりの割合は、神経嚢虫症によるものと言われている。

感染源は、十分に加熱されていない豚肉やよく洗っていない生野菜など。これらの食材には、顕微鏡でなければ見えないような小さなサナダムシの卵が付着していることがある。

卵が腸内でかえり、成虫になっても大した悪さはしないが、幼虫が血流に乗って体のあちらこちらに移動し、シストを形成すると、神経嚢虫症をはじめ嚢虫症を引き起こすおそれがある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、8月は前月比-0.3%・前年比

ビジネス

英建設業PMI、9月は52.3に上昇 見通しは厳し

ビジネス

ペトロナスが不可抗力宣言、三菱商事出資のマレーシア

ビジネス

景気判断、8地域で据え置き サービス消費の回復に期

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月