最新記事

自動車

EV新興企業リビアンはテスラの敵か、それとも味方か?

2021年11月27日(土)16時30分
竹内一正(作家、コンサルタント)

米市場ではSUVとピックアップトラックが主流(写真はリビアンのR1T) Brendan McDermid-REUTERS

<新興EVメーカー「リビアン」のIPO(株式上場)が世界の話題をさらった。IPOで調達した資金は約120億ドル(約1兆4000億円)。これはテスラがIPOで得た資金額の約60倍に上る。なぜ、リビアンに熱い視線が集まるのか。死角はないのか。そして、リビアンはテスラの敵となるのか。テスラに関する著書を多く執筆してきた経営コンサルタントの竹内一正氏が解き明かす>

乗用車でなく、SUVとトラックで攻めるリビアン

2020年での売上金額はゼロで、10億ドル(約1130億円)の赤字を出した会社がある。しかも今年はその赤字が12億ドルに膨らむと予想される。こんな会社に一体誰が投資するだろうか?

ところがこの会社は株式を今年11月に上場し、約120億ドルの資金を集めた。それが新興EV(電気自動車)メーカーのリビアンだ。

リビアンが販売するEVのピックアップトラック「R1T」は135kWhのリチウムバッテリーを搭載、フル充電で約500kmの航続距離を実現、価格は約7万ドルで、今年9月から販売を開始した。

次に販売を予定しているのはSUVの「R1S」で、12月に出る予定だ。

テスラがセダン型などの乗用車EVで世間の注目を集めたのに対し、リビアンEVはピックアップトラックとSUVに絞って戦いを挑む。

そこには米自動車市場の特殊事情があった。

日本では新車販売のうち、トラックとSUVが占める割合は全体の約2割程度に過ぎないが、アメリカではSUVが全体の5割超、ピックアップトラックは約2割を占め、両方を合わせると7割以上になる。また、これらの車種は利益率も良い。だからこそ、テスラもフォードもGMもEVトラックを現在準備している。

リビアンはアメリカで最も売れるゾーンでEVトラックを初めて登場させたメーカーになった。

しかし、今年第3四半期でリビアンが製造したR1Tはたった12台だった。それにもかかわらず、IPOで120億ドルもの巨額を集めた背景には、持続可能社会、クリーンエネルギーシフトという大きな波があったことは明らかだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ、ガス節約呼びかけ 家庭・中小企業使用量が平

ビジネス

セブン&アイ、今期予想を上方修正 買収した米コンビ

ワールド

ソロモン首相、中国の軍事拠点化認めずと説明 豪首相

ワールド

岸田首相、北のミサイル「強く非難で一致」 日韓首脳

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月