最新記事

詐欺

スマホを貸しただけなのに... メッセ機能で10万円超奪う詐欺が横行

2021年10月13日(水)17時56分
青葉やまと

地元シャーロット警察は、Venmoだけでなくモバイル決済大手のCash Appなど、送金アプリ一般で同様の詐欺被害が起き得るとして注意を呼びかけている。当時WCNCは「あなたの身にも起きるかもしれない」と警鐘を鳴らしていたが、まさに懸念どおり複数の被害が発生している。

地域情報を共有するアプリ「ネクスト・ドア」上では、類似の被害に遭ったという報告がほかにも複数件寄せられている。詐欺師の男はスマホ自体を本人に返却してから立ち去っているため、被害者側が送金通知のメールに注意を払わなければ、不正行為に気づくこと自体が困難だ。このため実際の被害件数は、報告されている件数を上回る可能性がある。

対処法は

類似の被害はVenmoに限らず、日本国内で普及している送金アプリでも起こり得る。メッセージアプリから直接呼び出せる送金機能という意味では日本は米国と事情が異なるが、目を盗んで送金アプリを直接立ち上げられてしまえば状況は同じだ。

自衛策としてWCNCは、送金アプリの設定を確認し、アプリ使用時にパスコード入力または顔認証などを求める設定に変更するよう推奨している。この設定により、例えばiOSのiMessage内からVenmoを通じて送金する際も、認証が必須となる。

スマホ自体にもロック機能はあるものの、電話をかけたいと相手に頼まれてスマホを貸す場面では、スマホ自体のロックは必然的に解除した状態で渡すことになるだろう。それだけに、このように別の手段でセキュリティを高めることが有効だ。

より原始的な手段としては、スマホを決して相手に操作させないことが役立つだろう。手元に置いたままスピーカーフォンで通話させることで、アプリを操作される可能性を低減できる。

シャーロット警察は「詐欺師を見抜くのは簡単ではない。彼らは頭の回転が早く非常に信用でき、そして大胆だ。質問を投げかけて、注意深く耳をそば立て、プレッシャーをかけられないようにすることが決定的に重要だ」とアドバイスする。善意の人助けに警戒心が求められるとは寂しいが、大切な財産を守るために心に留めておきたい。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

ビジネス

NY外為市場=ポンド/ドル最安値、英経済対策巡る懸

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月