最新記事

テクノロジー

ドイツで拡大する5Gネットワーク網 ファーウェイとの提携には懸念も

2020年6月23日(火)19時10分
ニューズウィーク日本版編集部

デュッセルドルフのテレビ塔は企業カラーに ANDREAS RENTZ/GETTY IMAGES

<ドイツの通信大手ドイツテレコムが、5Gサービスを試験的に開始>

ドイツの通信大手ドイツテレコムは6月16日、デュッセルドルフと周辺地域で第5世代(5G)移動通信システムのサービスを試験的に開始。

キックオフを祝して、同市のテレビ塔「ラインタワー」が企業カラーのマゼンタに染まった。

ただ同社が中国企業の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)との提携を打ち出していることには懸念の声もある。

<本誌2020年6月30日号掲載>

【話題の記事】
異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開
中国の5G戦略が世界をリードする
「空飛ぶハーケンクロイツだ」ドイツ遊園地の乗り物はナチスの象徴に似すぎていた
日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

20200630issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、英仏独の大使呼び出し 対イスラエル報復攻撃

ワールド

「暴力のスパイラル」招く行動回避を、ローマ教皇が講

ビジネス

2月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比+7

ワールド

国連総長、イランの報復攻撃を非難 「壊滅的な衝突」
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだったのか?...写真で振り返る

  • 3

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    イスラエルによるイラン大使館空爆は「恐ろしいテロ…

  • 10

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 9

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中