最新記事

ノーベル賞

独占!爆笑ノーベル委員会の舞台裏

何の実績もないオバマを平和賞に選んだノーベル委員会の能なし審議ぶりはこんな風だったはず

2009年10月14日(水)17時14分
ダニエル・ドレスナー(米タフツ大学教授)

やっちゃった! ノルウェー・ノーベル委員会のトルビョルン・ヤーグラン委員長(10月9日、オスロ) Scanpix Norway-Reuters

 バラク・オバマ米大統領のノーベル平和賞受賞について、ブログをアップするのに数時間かかってしまった。なぜか。笑いが止まらなかったからだ。

 まじめな話、私が笑っているのはオバマではない。すでに凋落著しいこの賞を一段とチープにした、ノルウェーのノーベル賞委員会のアホ委員たちだ。この決定が下された審議を想像してみよう。


委員長 おい、みんな! もう午前2時だが今日中に受賞者を決めなくちゃいけない。どうするかね。またジミー・カーター(元米大統領)にやるわけにはいかないし......彼には以前、行き詰まったときに急場しのぎであげてしまったからな。今回しくじったら、グラミー賞より信頼性が落ちてしまうぞ!

A委員 (明らかに酔っ払っている) おう、それなら(アメリカの俳優の)ニール・パトリック・ハリスはどうだい? (司会をそつなくこなした)エミー賞授賞式に......えーと......平和をもたらしたって理由で。

B委員 タイム誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」が「あなた」だった年があるだろう? うちもああいう風にできないかね。ほら、今年の平和賞は平和を愛するすべての人々にって具合にさ。

委員長 バカなこと言うな、駄目に決まってる。(タイム誌の表紙みたいに)報道陣のカメラに鏡を向けて「今年の受賞者はあなたです」って発表しろって言うのかい? そんなことをしたら賞金をくれって頭のイタい連中が山ほど群がってくる。

A委員 ちょっ、マジで、ニール・パトリック・ハリスは最高なんだよ。誰も(インターネットで公開されたハリス主演の短編映画)『ホリブル博士の一緒に歌うブログ』見てないのか?

B委員 そうだ、選挙には勝ったけどムラー(宗教指導者)にポイされたイランのあの男はどうだい。穏やかな感じの男じゃないか。

委員長 悪いが彼も駄目だ。(03年に受賞した人権派弁護士)シリン・エバディで、この10年のイラン枠は使い切ったからな。

B委員 ジンバブエのあの男は?

委員長 名前を思い出せないような人物に、賞はやれんだろう。

C委員 今度のアカデミー賞は最優秀作品賞の候補が10作品になるそうじゃないか。こっちはG20(20カ国・地域)の全部にするっていうのはどうだい?

委員長 G20のメンバーは、本当は20カ国以上なんじゃなかったか? 誰か全部の名前を挙げてくれ。

(沈黙)

A委員 (ハリス主演のコメディー)『ハウ・アイ・メット・ユア・マザー』は、絶対に過小評価されてるって。ハリスはあの番組でズバ抜けてるよ。

C委員 (オーストラリア人俳優の)ヒュー・ジャックマンは去年、米ピープル誌の「最もセクシーな男性」に選ばれた。(ハリスと)ジャックマンの共同受賞でどう? アル・ゴア(元米副大統領)のときみたいに。

A委員 勘弁してくれよ。(ジャックマン主演の映画)『ウルヴァリン』は最悪だった!

B委員 あ、とんでもない案がある......バラク・オバマはどうだ?

(一同爆笑)

委員長 受賞理由をいったい何にすればいいんだ。カーターだって授賞を決めたときには具体的な平和構築の実績があった。「バラク・オバマはジョージ・W・ブッシュ(前米大統領)の一期目のようなマネはしないという素晴らしい実績を挙げました」とでも?

B委員 いいじゃないか。この前わざわざコペンハーゲンまで来てオリンピック招致に失敗したばかりだし。

A委員 それじゃ(米カントリー歌手の)テイラー・スウィフトは? 授賞式にカニエ(・ウェスト)は来ないから(MTVビデオ・ミュージック・アワーズのときみたいにスウィフトの受賞スピーチに乱入してくる心配はない)。

B委員 考えてもみろ。平和賞をあげればオバマにとっては追い風になる。近年のわれわれの見事な受賞者選びのおかげで、アメリカではノーベル平和賞のステータスがものすごく高い。(オバマに平和賞をあげれば)医療保険改革が実現するかもしれないし、保守派は劣勢に立たされる!

(一同うなづく)

A委員 もう、いいさ。ここにいるみんなはニール・パトリック・ハリスが嫌いなんだな。分かったよ。それじゃ(スイスで逮捕された映画監督の)ロマン・ポランスキーは? 話題になるぞ。

委員長 (時計を見て) よし、とにかく締め切り時間はとっくに過ぎてるんだ。(B委員に向かって)授賞理由を書き上げろ。(A委員に向かって)ハリスに連絡して、オバマが受賞スピーチをできない場合に備えてスタンバイさせろ。

B委員 (猛烈に書きなぐりながら) これでどうだ? 「(オバマの登場で)国連をはじめとする国際機関の役割を重視する多国間外交が外交の中心に戻ってきた。解決が極めて困難と思われる国際紛争においても、対話や交渉という手段が好まれている。「核兵器のない世界」というビジョンは、軍縮交渉に大きな弾みをつけている。オバマのイニシアチブのおかげでアメリカは今、気候変動への対応でもこれまで以上に建設的な役割を果たしている。民主主義と人権は強化されるだろう」

委員長 うーん......具体的な実績は「ジョージ・W・ブッシュの一期目と違う」というだけか。だが確かにいい感じだ! よし、では閉会。

C委員 (他の推薦状を見ながら) タフツ大学の例の教授がまた(女優の)サルマ・ハエックを候補者に推薦している。これは、まじめな賞だってことを知らないのかね?


 半分まじめな話、今年はU2のボノが受賞するべきだった。

<追記>
 ノーベル委員会の発表を受けたオバマのスピーチは謙虚で実によかった。何度も言うが、私が笑っている相手は彼ではない。ノーベル委員会の受賞者決定プロセスだ。このご時勢、受賞に値する候補者はほかに大勢いたはずだ。

Reprinted with permission from Daniel W. Drezner's blog , 14/10/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

国連総長、イランの報復攻撃を非難 「壊滅的な衝突」

ビジネス

IMF、ゲオルギエワ専務理事の再任を決定

ワールド

イスラエル戦時内閣、イランへの報復支持 規模など巡

ワールド

イスラエル航空便、遅延・欠航で混乱続く 領空封鎖解
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだったのか?...写真で振り返る

  • 3

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    イスラエルによるイラン大使館空爆は「恐ろしいテロ…

  • 10

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 9

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中