最新記事

中東

カイロで演説するオバマのリスク

イスラム社会の期待が高まり過ぎると悲惨な結果に終わりかねない

2009年6月4日(木)16時14分
ハワード・ファインマン(ワシントン支局)

懸け橋 「イスラムと現代性の融和」を目指すオバマだが Dadang Tri-Reuters

 08年3月、バラク・オバマはフィラデルフィアで演説し、自らの出自を語って人種間の融和を訴えた。アメリカの悲しい歴史と痛みと軋轢を巧みに織り交ぜたこの演説で、オバマは大統領選予備選の流れを変えた。

 そして今、彼の自伝的な演説手法が試される究極の機会がやって来た。オバマは6月4日、イスラム文化の拠点、エジプトのカイロ大学で演説する。フィラデルフィア演説が再現されるかもしれない。

 ハードルは低い。ブッシュ前大統領のように靴を投げつけられることなく、拍手を浴びれば成功といえる。だがオバマは友人たちにもっと高い目標を語っている。「イスラムと現代性の融和」を手助けしたいというのだ。

 オバマはケニア出身のイスラム教徒を父に持ち、インドネシアでイスラム系公立学校に通っていた。このため自分がイスラム社会と欧米の懸け橋になれるし、それが義務だとも感じている。

 その志には敬意を表したい。だがカイロはフィラデルフィアではない。イスラム世界はアメリカとは違う。アメリカ国民は彼の言葉を受け入れる準備ができていた。エジプトでは言葉は重い意味を持ち、異教徒からなだめの言葉を聞かされれば警戒する。期待が高まり過ぎると悲惨な結果になり得る。

 今回なぜカイロが選ばれたのか。1つはアメリカは原理主義者との思想的な対峙を避けないという決意を示すため。もう1つは、イスラエルを承認していてパレスチナ和平プロセス再開の後ろ盾になり得る同盟国を支えるためだ。

 外交専門家はオバマのカイロ訪問に賛同する。「ブッシュ前大統領は共通の価値観について語るのが好きだったが、説教じみていた」と、ブルッキングズ研究所のタマラ・ウィッテスは言う。「オバマは平等なパートナーシップを打ち出すことで、流れを変えられる」

 だがリスクもある。最も危険なのは、オバマが自分自身の言葉にとらわれてしまうこと、そして言葉が多大な期待を生んでしまうことだ。人権擁護団体はオバマがイスラム社会の政治的抑圧に言及することを期待する。パレスチナ人は、少なくともガザ地区の悲しみに触れてほしいと望んでいる。

 フィラデルフィアでは、オバマの演説は歴史を変えたかもしれない。カイロでは、彼の演説は物語の序章にすぎない。

[2009年6月10日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州で相次ぐ名画襲撃、美術品保険料上昇の

ビジネス

日産と仏ルノー、7日の発表見送り、交渉で合意に至ら

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月