最新記事

中東

カイロで演説するオバマのリスク

イスラム社会の期待が高まり過ぎると悲惨な結果に終わりかねない

2009年6月4日(木)16時14分
ハワード・ファインマン(ワシントン支局)

懸け橋 「イスラムと現代性の融和」を目指すオバマだが Dadang Tri-Reuters

 08年3月、バラク・オバマはフィラデルフィアで演説し、自らの出自を語って人種間の融和を訴えた。アメリカの悲しい歴史と痛みと軋轢を巧みに織り交ぜたこの演説で、オバマは大統領選予備選の流れを変えた。

 そして今、彼の自伝的な演説手法が試される究極の機会がやって来た。オバマは6月4日、イスラム文化の拠点、エジプトのカイロ大学で演説する。フィラデルフィア演説が再現されるかもしれない。

 ハードルは低い。ブッシュ前大統領のように靴を投げつけられることなく、拍手を浴びれば成功といえる。だがオバマは友人たちにもっと高い目標を語っている。「イスラムと現代性の融和」を手助けしたいというのだ。

 オバマはケニア出身のイスラム教徒を父に持ち、インドネシアでイスラム系公立学校に通っていた。このため自分がイスラム社会と欧米の懸け橋になれるし、それが義務だとも感じている。

 その志には敬意を表したい。だがカイロはフィラデルフィアではない。イスラム世界はアメリカとは違う。アメリカ国民は彼の言葉を受け入れる準備ができていた。エジプトでは言葉は重い意味を持ち、異教徒からなだめの言葉を聞かされれば警戒する。期待が高まり過ぎると悲惨な結果になり得る。

 今回なぜカイロが選ばれたのか。1つはアメリカは原理主義者との思想的な対峙を避けないという決意を示すため。もう1つは、イスラエルを承認していてパレスチナ和平プロセス再開の後ろ盾になり得る同盟国を支えるためだ。

 外交専門家はオバマのカイロ訪問に賛同する。「ブッシュ前大統領は共通の価値観について語るのが好きだったが、説教じみていた」と、ブルッキングズ研究所のタマラ・ウィッテスは言う。「オバマは平等なパートナーシップを打ち出すことで、流れを変えられる」

 だがリスクもある。最も危険なのは、オバマが自分自身の言葉にとらわれてしまうこと、そして言葉が多大な期待を生んでしまうことだ。人権擁護団体はオバマがイスラム社会の政治的抑圧に言及することを期待する。パレスチナ人は、少なくともガザ地区の悲しみに触れてほしいと望んでいる。

 フィラデルフィアでは、オバマの演説は歴史を変えたかもしれない。カイロでは、彼の演説は物語の序章にすぎない。

[2009年6月10日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、部品欠品で停止の2工場再開 いなべ工場は今

ワールド

法律破らない限り恐れる必要ない、中国が多国籍企業の

ビジネス

テスラはxAIに50億ドル投資すべきか、マスク氏が

ワールド

米コロラド州、生乳を毎週検査へ 鳥インフル拡大阻止
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中