最新記事

ミュージアム

永遠の妖精オードリー・ヘプバーン スイスの極小美術館、2年ぶりのひっそり展覧会

2021年07月20日(火)20時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

二年ぶりにスイスの小さな美術館にオードリーがやってきた。The exhibition “Audrey Hepburn in Switzerland” photos taken with permission of Expo Fondation Bolle.

<今もなお多くの人を魅了して止まないスターが、また高原の美術館にやってきた──>

他界してから28年経ったいまも20世紀最高の美女と称えられ、世界中の人々に愛されているオードリー・ヘプバーンはスイスと縁が深かった。スイスで2度挙式し、息子2人を自然豊かなこの地で育てた。長男ショーン(現在61歳)が生まれてから購入したスイス西部レマン湖畔のトロシュナ村の家に住み、1993年に63歳で亡くなるまでおよそ30年間暮らした。村に隣接する町モルジュの美術館「エクスポ・フォンダシオン・ボレー Expo Fondation Bolle」では、数年来、主に夏季にヘプバーンの展覧会を開催している。昨年は未開催だったが、今年7月初めから2か月の予定で「スイスにいたオードリー・ヘプバーン」展が始まった。

3部屋だけの美術館エクスポ・フォンダシオン・ボレー

ヘプバーンの展覧会は日本でも開催されているが、定期的に展示が行われているのはヨーロッパではこのエクスポ・フォンダシオン・ボレーのみだ。ヘプバーンが再婚の式を挙げたモルジュは、彼女の後半生の生活圏で、この町で買い物したりお茶を飲んだりしていた。

Expo Fondation Bolle外観

Expo Fondation Bolle外観(筆者撮影)

同美術館は、ジャン・ジャック・ボレー氏が2006年に作った財団フォンダシオン・ボレーが運営している。財団には主に3つの目的がある。①ボレー家が所有する歴史的な建物やブドウ畑の保護、②ワイン作りや狩猟をはじめとするモルジュ地域を中心としたレマン湖周辺に関する文化的な活動の推進、③エクスポ・フォンダシオン・ボレーで地域に根差したテーマの展示およびオードリー・ヘプバーンのための展示の実施だ。エクスポ・フォンダシオン・ボレーは、ヘプバーンのオリジナル写真やドキュメント、彼女に関する雑誌などを所蔵している。

同美術館は、18世紀の邸宅を利用している。入り口を入るとレセプションで(入館料は約700円)、2階の展示エリアには3部屋ある。1番大きい部屋には、現在、壁にヘプバーンの一生の年表が描かれ、彼女に関する雑誌記事がいくつか展示されている。部屋の中央には彼女のドレス3着、窓際には黄色いスーツ1着が飾ってある。彼女のファッションを作り続けたユベール・ド・ジバンシィが彼女のために作った香水ランテルディの展示ケースも置いてある。ソファが置かれたコーナーでは、座って彼女に関する書籍を読むことができる。中サイズの部屋には、トロシュナ村の自宅の庭で撮った写真5点が飾られ、テレビのドキュメンタリーシリーズ『オードリー・ヘプバーンの庭園紀行』の映像が流れている。花が好きだった彼女の様子が伝わってくる。

Expo Fondation Bolleでの展示

Expo Fondation Bolleでの展示の様子(筆者撮影)。雑誌記事には、次男ルカをトロシュナの自宅で抱く姿や、ルカとスイス内を旅した際の写真が載っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

ビジネス

NY外為市場=ポンド/ドル最安値、英経済対策巡る懸

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    【英王室】皇太子妃としての初仕事は、深い絆のウク…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    ボトックスで女性は本当に美しくなれる? 承認20年で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売