最新記事

アメリカ政治

企業献金「上限撤廃」がアメリカを壊す

2010年1月25日(月)18時13分
デービッド・ロスコフ(カーネギー国際平和財団客員研究員

 要するに今回の最高裁判決により、アメリカは地球温暖化対策や天然資源保全で世界のリーダー役を務めることが極めて難しくなった。医療の破綻など国内の重要課題を解決できる見通しは遠のき、対外政策ではアメリカ全体の国益より産業界の利害に沿って行動する傾向が強まるだろう。

 アメリカの国際的威信を支えてきた3つの柱の中で最も重要な民主主義が揺らげば、その悪影響はほかの2つの柱が揺らぐより大きいかもしれない。

 オバマ政権が目指しているように、前の政権の人権軽視の姿勢を是正することは不可能でないだろう。しかし、政治におけるビジネス至上主義が制度面でのお墨付きを得れば、アメリカ型経済モデルの欠陥を正すことは難しくなる。

 そして、世界の代議制民主主義の最も重要な開拓者であったアメリカが今日もその役割を担い続けられると主張することは、もはや不可能になる。

Reprinted with permission from David J. Rothkopf's blog, 25/01/2010. ©2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イスラエル株小幅高で終了、湾岸市場も小動き 報復攻

ワールド

ロシアが自制呼びかけ、イランと電話協議 イスラエル

ワールド

ゼレンスキー氏、イランの攻撃非難 ウクライナも支援

ワールド

ロシア、5月9日までにチャソフヤール占領目指す=ウ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだったのか?...写真で振り返る

  • 3

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    イスラエルによるイラン大使館空爆は「恐ろしいテロ…

  • 9

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 10

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 9

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中