最新記事

アプリ

携帯ゲーム「アングリーバード」の野望

生誕1周年を祝うため、世界各地にコスプレファンが集結。カルト的人気の「鳥」が業界地図を塗り替える

2010年12月15日(水)18時24分
アニー・ラウリー

売り上げNo1 アングリーバードを開発したロビオ社のミカエル・ヘッドCEO Georgina Prodhan-Reuters

 12月11日、ワシントンの地下鉄の駅で、空手の組手のようなものを披露する少年2人を見かけた。だが駅の雑踏の中で誰も彼らに注目しなかったし、その動きは例のイベントとも関係ないようだった。

 例のイベントとは、この日、ロンドンのトラファルガースクエアなど世界各地で行われた、スマートフォン向けゲーム「アングリーバード」の生誕1周年を祝うパフォーマンスのこと。アホみたいに単純な仕組みなのに世界中で大ヒットしているゲームの誕生パーティーだ。

 今回の世界的なイベントをウェブを通じて呼びかけたのは、このゲームを開発したフィンランドのロビオ社。誕生日を一番祝ってくれた都市には、アングリーバードの特別ステージを新たに作ると約束した。だがアングリーバードのファンたちには、そんな褒美も必要なかっただろう。なにしろ発売以来、このゲームの中毒者は世界中で続出。ロビオは携帯電話よりもっと儲かる市場への進出も目論んでいる。

 ゲームの内容はこんな感じだ。丸い緑色の豚が、極太眉で羽根なしの鳥から卵を盗む。怒った鳥は豚に仕返しをする。プレイヤーは携帯電話のタッチスクリーンを操作して、パチンコ玉のように鳥を飛ばして豚の家などにぶつける。家が壊れたら成功で、ポイントが獲得てきる。

 本当にばかみたいに単純だから始めるのは簡単だが、やめるのは難しい。ロビオはiPhone版だけで1日に累計約110万時間分もプレーされているという。ヘルシンキを拠点とするロビオは、アングリーバードを昨年12月に発表した。初めは地元で人気が高まり、次にヨーロッパ、そして世界へと急速に広がっていった。

 イギリスのiPhoneアプリストアでは2月に売上1位に輝き、その数カ月後にはアメリカでも1位に。アップルは先週、2010年に最も売れたアプリだと発表した。iPhone版のダウンロード数は3000万件に上る(1回のダウンロードで約1ドル)。

 グーグルの携帯電話用OSアンドロイドなら、無料でダウンロードできる。アンドロイド版には現在500万人が登録しており、毎月の広告収入は100万ドルにもなる。すべてのバージョンを合わせると、総ダウンロード数は5000万件だ。

プレステやWiiでも遊べるように

 携帯業界を制覇したロビオは、ほかのハイテク業界にも目を向け始めた。ある幹部に言わせれば、アングリーバードは「携帯電話用に開発され、その後あらゆる分野に進出している初めてのブランド」だ。

 ロビオは最初、多くの携帯電話用ゲーム会社と同じく、エレクトロニック・アーツのような大手の下請けとして製品を開発していた。しかし激しい競争が携帯電話ゲームの価格を下落につながり、また小さなタッチスクリーン上でできることは限られている。そんななかアングリーバードの大成功と、その無愛想な鳥のキャラクターにカルト的な人気が集まったことで、ロビオはこのキャラを利用したマルチプラットフォームのブランドを立ち上げることを決意した。

 この数カ月で社員数が30人を超えたロビオは今、アングリーバードの新たな展開を模索している。フェースブックのようなネットワーキングサイトや、プレイステーションにXbox、Wiiなどのプラットフォームにも適応できるようにするのだ。

 加えて「収益化の拡大」も狙っている。ロビオはまず、しかめっ面をした鳥のぬいぐるみや洋服といったキャラクターグッズを売り出した。野望はさらに膨らみ、現在はアングリーバードのテレビドラマ化や映画化の可能性を探っている。テレビゲームではこれまでもあったが、携帯電話ゲームでは初の試みだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

フィリピン、常に平和的な紛争解決目指す 中国念頭に

ワールド

米軍、フーシ派の空母攻撃主張を否定 「全くの虚偽」

ビジネス

EUと中国、EV関税巡り協議開始へ 独経済相「最初

ワールド

イスラエル軍がガザ北部を攻撃、少なくとも42人死亡
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 2

    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーって誰?...「トゥルーピング・ザ・カラー」で注目度アップ

  • 3

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 4

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…

  • 5

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 6

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 7

    上半身裸の女性バックダンサーと「がっつりキス」...…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 10

    中国が見せつける潜水艦兵器の「威力と精度」 魚雷…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 5

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 6

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中