最新記事

原油流出

それでも海底油田をやめられない国々

BPの事故を尻目に、主な産油国は海底油田開発を見直すどころかますます勢い付いている

2010年6月23日(水)17時48分
スティーブン・レバイン

海の要塞 ブラジル国営石油会社ペトロブラスが操業するリオデジャネイロ近海の石油プラットフォーム Bruno Domingos-Reuters

 BPがメキシコ湾で起こした原油流出事故に関し、6月15日の米下院公聴会には石油メジャーのエクソンモービル、シェブロン、シェル、コノコフィリップスの幹部が出席。証言では、自分たちはBPと違うと口をそろえた。

 さらにメキシコ湾の海底油田開発におけるBPのパートナーであるアナダルコペトロリウムも批判を開始。BPの「無謀な行動」が事故を招いたとして、自社への非難をかわそうとした。こうした動きを見れば、石油業界全体が怯えていることが分かるだろう。

では、何を怯えているのか? まず考えられるのは、大惨事となった原油流出事故によって将来の、またはすでに許可が下りているメキシコ湾での海底油田掘削権が永久に失われることだ。その影響はメキシコ湾にとどまらず、世界中の海底油田事業にも波及するかもしれない。結局のところ石油大手の優位性は、彼らが主張するところの「優れた掘削技術」にあるのだから。

 ロンドン・オブザーバー紙のリチャード・ワクマンとジョン・スティブスも「石油メジャーは掘削を行う地域の社会や環境を露骨に軽視することで、(世界中で)非難されている」と書いている。AP通信のジェーン・ウォーデルによると、今回の原油流出を受けて、石油産出国は掘削作業の再評価を行っている。では、こうした国々の関心事は何なのか?

オーストラリアにとっては「チャンス」

 1つのヒントは、6月20日付けニューヨーク・タイムズの噴出防止装置に関する記事にある。表向きは壊滅的な原油流出を防ぐ安全装置となる技術だが、実地での使用状況を見直したところ実際は45%の確率でしか作動しないことが分かったという。つまりBPだけでなくほとんどの多国籍石油企業、とりわけ一部の大手企業は利益の種を失う脅威にさらされていると言っていい。

 しかし、実際は違うようだ。

 世界の石油産出国を見ていくと、外国資本の石油企業による海底油田掘削に対して厳しい姿勢を取ろうとしている国は一つも見当たらない。それどころかオーストラリアなど一部の国は、BPが起こした今回の事故は自国の海底油田に注目が集まるチャンスと捉えているようだ。
 
 原油流出が長引けば、こうした姿勢もおそらく変わるだろう。だが厳重な安全対策を求める声が挙がる中でも、石油資源に恵まれた多くの国々は普段通りのビジネス----つまり向こう見ずな開発----を続けている。

 もちろんBPに対する逆風はある。例えばブラジルでは、BPに対する詳細な調査が行われている。同社のトニー・ヘイワードCEO(最高経営責任者)は数日中にロシアに飛び、ドミトリー・メドベージェフ大統領に「BPが倒産することはない」と保証する予定だ。しかしこれらは例外的な動きと言っていい。

 以下に、メキシコ湾での原油流出事故に主要産油国がどう対応しているかを紹介しよう。

オーストラリア:マーティン・ファーガソン資源・エネルギー相は海底油田探査の一時停止を行わなかったばかりか、31カ所の海域における採掘権の入札を開始。それも、BPが流出事故を起こした海底油田の2倍の深さにあるものだ。

ブラジル:海底油田開発を積極的に進めているだけでなく、5カ年の投資計画の規模をさらに拡大させた。

カナダ:アルバータ州のオイルサンド(油分を含む砂)の採掘には通常の油田採掘以上の燃料や水が必要で、多くの非難の的になっている。だが深海油田の問題と比べれば、オイルサンドのほうがずっといい----少なくともカナダはそう主張している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州で相次ぐ名画襲撃、美術品保険料上昇の

ビジネス

日産と仏ルノー、7日の発表見送り、交渉で合意に至ら

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月