最新記事

アップル

斬新でおバカなiPadグッズに注目!

厚切りベーコンから生理用品、ジップロックまで、さまざまな着想から生まれた奇妙な関連グッズが続々と登場している

2010年6月11日(金)18時24分
ジェシカ・ラミレス

防水加工 う〜ん、これってジップロックと変わらないよね……。でも価格は19ドル99セント  trendydigital.com

 話題のIT商品が登場するたびに、奇妙な関連グッズが続々と現れるのはお約束。こうした商品にはダテめがね的な「かっこよさ」がある。でもやっぱり、とても奇妙で少し笑えるものばかりだ。

 最近こうしたグッズの標的になっているのが、ほかならぬアップルのタブレット型携帯端末iPadだ。もちろん、ちゃんと役に立つ素晴らしいグッズもある。ここここでは、そうした商品のリストが見られる。

 iPadの話題性を考えれば、おかしな関連グッズが登場しても不思議ではない(なにしろアップルは時価総額で世界トップのIT企業になったのだから)。しかし、ベーコンや女性用生理用品を思わせる商品はやりすぎだろう。そんな商品があるなんて信じられない? ではここで、奇妙なiPad関連グッズの中でもずば抜けた6つの商品を紹介しよう。

1.iMaxi iPadはその名前が発表された直後から、生理用品を連想させると揶揄された(Padには生理用品という意味もあるため)。だから、この保護カバーのアイデアも目新しくはない。

 販売店の商品説明にはこう記されている。「外側は丈夫なビニール製で、内側はキルティング加工のコットン素材。iMaxiはあなたのiPadをいつも清潔でさらさらな状態に保ちます」。どうやら、そんな感じに見える。しかも羽根つきなので安心だ。

2.iClothing 外から見ても分からないような大きなポケットのついたTシャツとドレスで、「外出時のiPad入れに」がうたい文句だ。とはいえ、700グラム近くあるiPadが、抱っこ紐で吊るしたチワワのように胸からぶら下がっていたらバレバレだろう。

3.Bacon Case すでにiPodシャッフルやiPhone用にも、同じ会社からベーコン型ケースが発売されているので、iPad用ケースが登場するのは「自然な」流れ。厚切りベーコンのタイプもある。本物そっくりだし、私はベーコンが大好きだが、グリル料理を崇めるような人でなければ、やっぱり気持ち悪いだろう。

4.SCOTTEVEST この洋服の売りはずばり、アップルの共同創業者スティーブン・ウォズニアック。この米アパレル会社スコッテベストのアドバイザーに名を連ね、「iPad用のポケットがついた初のジャケットとベスト」としてこの服を宣伝している。しかし実際は、うたい文句から想像するとおりのかっこ悪さだ。

5.iPad Suit iPad用ポケットが付いたこのスーツは、すでにスキャンダルにまみれている。マンハッタンにあるモハンズ・カスタム・テーラーショップが発売したのだが、これにコメディアンのスティーブン・コルバートがかみついた。彼は数カ月前に、高価でおしゃれな同様のスーツを自作したと主張。確かにグラミー賞の会場でもその服を着ていたし、男性ファッション界への彼の貢献は無視できない。

 でも本当にこんな商品の発明者だと認められたいのか? この服の場合もチワワを、それもへその前で抱えるようなルックスなんだから。スティーブン、それかっこよくないよ。

6.WaterGuard Waterproof Cover 「どんな状況でもiPadを水から守る」ためのケースとうたっているが、実際はただの高価なジップロックだ。アマゾン・ドットコムの創業者ジェフ・ベゾスは、風呂でキンドルを使うときに同じようなことをするらしい。ただし、彼が使っているのは本物のジップロックだ。20ドルもするこんな商品じゃなくても、ジップロックなら20セントですむ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

フィリピン、常に平和的な紛争解決目指す 中国念頭に

ワールド

米軍、フーシ派の空母攻撃主張を否定 「全くの虚偽」

ビジネス

EUと中国、EV関税巡り協議開始へ 独経済相「最初

ワールド

イスラエル軍がガザ北部を攻撃、少なくとも42人死亡
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 2

    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーって誰?...「トゥルーピング・ザ・カラー」で注目度アップ

  • 3

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 4

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…

  • 5

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 6

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 7

    上半身裸の女性バックダンサーと「がっつりキス」...…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 10

    中国が見せつける潜水艦兵器の「威力と精度」 魚雷…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 5

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 6

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中