最新記事

そして誰もいなくなった

アップルの興亡

経営難、追放と復活、iMacとiPad
「最もクールな企業」誕生の秘密

2010.05.31

ニューストピックス

そして誰もいなくなった

瀕死の「リンゴ」を再建するにはカリスマ性のあるリーダーが必要だが

2010年5月31日(月)12時11分
マイケル・マイヤー

 初めに問題を1つ。レイオフと赤字に揺れる企業のトップがなすべきことは? 関係者の話によると、先ごろアップルコンピュータのCEO(最高経営責任者)を辞任したギルバート・アメリオの場合は、専用ジェット機の買い換えや新しい執務室の設計プランに取り組むことだった。

 自由で平等な雰囲気が売り物だったアップルにすれば、ひどいイメージダウンだ。このエピソードで、アメリオの人物評はすっかり固まった。尊大で、孤立していて、現実が見えていない----アップルの関係者は、会社全体が同じ轍を踏むことだけは避けたいと思っているはずだ。

 同社が先週発表した第3四半期の決算は、5600万ドルの赤字。第2四半期の7億800万ドルに比べれば大幅に改善された。1億ドル前後の赤字というウォール街の予想よりもいい数字だ。

 とはいえ、状況はまだ予断を許さない。ハイテク業界関係者の間では、果たしてアップルは生き残れるのか、同社を苦境から救うのは誰かが盛んに話題になっている。アップルOBのジャン・ルイ・ガセー(現Be社CEO)は言う。「アップルに必要なのはCEOじゃない。救世主だ」

経営ミスのオンパレード

 思えばアップルの歴史は経営ミスの連続だった。使いやすさに定評のあるパソコン「マッキントッシュ」をもちながら、OS(基本ソフト)のライセンス供与を渋ったせいで、マイクロソフトの「ウィンドウズ」にシェア争いで完敗したのは有名な話だ。

 元財務担当責任者のジョーゼフ・グラツィアーノによれば、特に問題なのは好条件の買収提案をことごとく蹴ったことだという。

 1994年末には、IBMが1株当たり40ドルで自社株との交換を申し入れてきた。だがグラツィアーノによると、IBMの先行きを危ぶんだアップル経営陣は、この儲け話を棒に振ってしまった。今やIBMの株価は当時の4倍近い。アップル株は半額以下だ。

 IBMは95年春にも買収をもちかけたが、アップルは応じなかった。サン・マイクロシステムズの度重なるラブコールにも、ひじ鉄を食わせ続けた。同社のスコット・マクニーリー会長は今、あのとき断られてよかったと胸をなで下ろしているという。

 最近退社した複数の元幹部によると、遅きに失したOSのライセンス供与(96年)も大失敗だった。結局は、互換機メーカーにシェアを奪われただけだったからだ(米市場におけるアップルのシェアは、2年前の11%から4%まで下がっている)。

 アップルの共同創業者だったスティーブ・ジョブズのネクスト・ソフトウェアを4億ドルで買収したアメリオの決断も、大はずれだった可能性がある。アメリオはジョブズの口車に乗せられ、役に立つかどうか怪しい技術に大枚をはたいたのだと、業界筋はささやいている。ネクストの技術力に自信を失ったジョブズが、必死に買い手を探していたという噂もある。

今なら安く買収できる?

 だが多くの業界関係者に言わせれば、アップルが犯した最大のミスはアメリオを雇ったことだ。

 就任早々、コスト削減と製品ラインの統合を打ち出したまではよかった。だが、アップルの将来ビジョンを示すという公約は、空手形に終わった。短期間で黒字に戻すという約束も果たせなかった。

 その結果、業界内では現実を見ないとか、活力や想像力に欠けるといった批判が上がりはじめた。「企業再建のプロ」という評判にも、疑問の声が噴出した。

 派手好きで役得に執着する性格も災いした。アメリオは幹部用の飛行機や執務室に強い関心を示し、自分のあて名を「博士」の一語にするよう求めた。アップルには、博士号の所有者が掃いて捨てるほどいるというのに。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国、主要産業のCO2排出量を23年比1%削減の計

ビジネス

豪BHP、英アングロ買収断念を表明 アングロ株4%

ワールド

米クリーブランド連銀新総裁に元GS幹部のハマック氏

ワールド

北朝鮮、韓国に向け数百個の汚物風船 金与正氏「誠意
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハイマースに次ぐウクライナ軍の強い味方、長射程でクラスター弾搭載可能なATACMS

  • 2

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    「天国に一番近い島」で起きた暴動、フランスがニュ…

  • 5

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 6

    ウクライナ、ロシア国境奥深くの石油施設に猛攻 ア…

  • 7

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    習近平はなぜ長期政権を目指すのか...中国共産党「非…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中