コラム

アメリカの新たな罵り言葉「WOKE」とは? ビッグバードが批判された理由(パックン)

2021年11月23日(火)12時58分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ビッグバード(風刺画)

©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<新型コロナとワクチンをめぐって分裂する保守派とリベラル派。NFL選手とビッグバードの相反するメッセージがアメリカで話題に>

アメリカでけなし文句に使われる超汚い単語はよくfour-letter word(4文字の単語)と記される。ニューズウィークのような上品な媒体に書いてはいけないので、F***KとかSH*Tのように表記され、読む人の想像に任される。僕はこれらを見ると、罪のないFORK(フォーク)とかSHOT(ショット)も巻き込まれてかわいそうだと思うけど......。

最近、けなし文句としてはやっている4文字の単語といったらWOKEだ。直訳すると「目覚めた」という意味だが、環境問題、社会問題などに配慮する「意識高い」人を指すスラングとして使われる。

そして不思議なことに、保守派はこれを罵るための単語にも使っている。こうした用例は他にもある。例えば、本来は褒め言葉なのに今やエリート!リベラル! WOKE! と重ねれば、右派の間では最上級の罵詈雑言となる。

自身を批判する人をWOKEと呼んだNFL選手

漫画でこれを叫んでいるのはアメフトの人気選手アーロン・ロジャース。ワクチンを接種していないにもかかわらず、独自の「免疫付与法」で免疫ができたと話していた彼は案の定、新型コロナウイルスに感染してしまった。

その後、ラジオ番組でワクチンは不妊症になるなどの根拠のない陰謀論を繰り広げ、コロナへの治療効果が認められていない薬を服用していると話すなど、非科学的な主張を繰り返した。

当然それを批判する人も多かったが、ロジャースはそうした人たちをWOKE MOB(意識高い系の暴徒)と片付けた。風刺画では、同じセリフを人気教育番組『セサミストリート』の人気キャラクター、ビッグバードに対して吐いている。

最近ビッグバードは「今日コロナワクチンを接種した!」とツイッターに投稿したことで話題になっている。これをテッド・クルーズ上院議員は子供を狙った「政府のプロパガンダ」だと批判するなど、保守派からは攻撃が集中した。

ロジャースとビッグバードは直接対決しているわけではないが、国民に見せている両者の姿は対照的だ。スポーツ選手であっても架空のキャラクターであっても、影響力を持つ立場にいるので、子供やファンにとってのrole model(お手本となる存在)であることを忘れず行動しないといけない(芸人コラムニストは免除してほしいけど)。

そう伝える素晴らしい風刺画だ。が、問題が1つある。「翼が少し痛むけど、これで自分と周りを守る免疫力が上がる!」とツイートしたビッグバードは、ばんそうこうを右の翼に貼っている。これは違うな。右翼はワクチンを打たないからね。

ポイント

IT'S ABOUT BEING A GOOD ROLE MODEL FOR THE KIDS...RIGHT, AARON?

子供たちの手本になることが重要なんだ...そうだよね、アーロン?

 20221011issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月11日号(10月4日発売)は「超円安時代」特集。急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前。インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英企業のインフレ期待、9.5%に上昇=中銀調査

ビジネス

英中銀、リスクが収まれば国債買い入れ巻き戻しへ=副

ワールド

タイ北東部の託児施設で銃乱射、子ども22人含む34

ワールド

ノルウェーの石油生産、来年15%増加へ=予算案

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中