コラム

社会から「変態」と差別されても、中国LGBT団体が政府を熱烈擁護する謎

2021年07月20日(火)21時21分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
習近平とLGBT(風刺画)

©2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<かつては犯罪とされていた同性愛への差別が依然として残る中国社会だが、習近平体制の下で支援者の声は弱まるばかり>

7月6日、中国の大学で活動するLGBT団体のSNS微信(ウェイシン)アカウントが、一晩のうちに全て凍結された。政府の検閲かどうかなど、今も原因は不明だ。SNS上で抗議の声も上がったが、すぐ消えてしまった。

「性的少数者」という概念は、中国でまだ定着していない。LGBTと聞いて、多くの中国人の頭に浮かぶ言葉は「同性愛」。同性愛者は中国語で「同志」ともいう。共産党を熱愛する同士の意味だった毛沢東時代の「同志」とはもちろん違う。

1997年まで、中国で同性愛は刑法の「流氓罪(チンピラ罪)」で取り締まられていた。同年の刑法改定でやっと同性愛行為は合法化されたが、中国社会に受け入れられたわけではない。政府は犯罪者として取り扱わないが、社会は依然「変態」として差別している。

このため、若者の間で人気の耽美的な少年愛漫画や小説も「変態的」「不健康」と見なされ、検閲や取り締まりの対象になる。「わいせつ物伝播罪」で逮捕され、有罪判決を受けた作者もいる。

21世紀に入り、欧米などの先進国でLGBT文化は認められ、同性婚も合法化されるようになった。だが中国はその反対で、LGBT団体と支援者たちの声は弱くなる一方。習近平(シー・チンピン)政権の言論統制が毛沢東時代と同様の厳しさに戻ったからだが、極端な愛国・民族主義者がネットで跋扈(ばっこ)し、あらゆる欧米発の価値観を「反中国」だと告発する事情もある。

例えば今回、LGBT団体のアカウントが凍結されたとき、ネットで「団体の後ろ盾に外国勢力がいる」という主張が現れ、やがて抗議の声が消えた。自分は「外国勢力と関わっていない」と証明するためなのか、中国の同性愛者やLGBTの支援者たちは、ネットで中国政府を批判する投稿に誰よりも強く反発する。中国の特色ある「愛国的同性愛者」たちだ。

中国人や中国政府はなぜ、「外国勢力」にこんなにも敏感なのか。そもそも中国共産党は、マルクス・レーニン主義という外国製の価値観を受け入れ、ソ連という外国勢力を後ろ盾にして成立・発展してきた世界最大の政党ではないのか?

......そう考えると、外国勢力は確かに怖い存在だ。

ポイント

你是境外势力!
おまえは外国勢力だ!

流氓罪
1979年に中国刑法に追加。社会秩序の破壊やわいせつ行為など公序良俗違反を取り締まる罪だが、何が犯罪に当たるか曖昧で97年に廃止。同罪に含まれていた強制わいせつ罪や集団淫乱罪、騒動挑発罪などが独立し、同性愛は取り締まり対象でなくなった。ただ、騒動挑発罪などどのような罪状も包括する罪も残されている。

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、石油価格動向を注視=イラク石油相

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中