Picture Power

【写真特集】米軍撤退が招いたタリバン大攻勢

THE TALIBAN IS MARCHING IN

Photographs by EMANUELE SATOLLLI

2021年08月17日(火)17時30分

アフガニスタン北東部バグラン州の村に立つ少年。タリバンの勢力が最も強い地域で、国家保安局(NDS)に支援を受けた親政府武装勢力も活動する

<米諜報機関は、早ければ米軍撤退から6カ月以内に政府が崩壊すると警告していたが......>

アフガニスタンの主要基地から米軍が去ったのは7月2日のこと。20年に及ぶアメリカ最長の戦争は、ジョー・バイデン大統領の出口戦略を受けて加速度的に進んできた。

その一方で、アメリカの諜報機関はかつての見通しが楽観的だったことに気付いたようだ。イスラム原理主義勢力タリバンが急速に失地回復している状況を踏まえて、アフガニスタンは早ければ米軍撤退から6カ月以内に崩壊すると警告を発した(編集部注:タリバンは8月15日、首都カブールの大統領府を占拠し「勝利」を宣言した)。

実際、首都カブールからわずか数キロに迫る中部ワルダク州では襲撃が続いている。駐在する警察幹部は「タリバンは闇夜にレーザーガンを使い攻撃を仕掛ける」と言う。「昨夜も1人の仲間が死んだ」

その地域から程遠くない場所で、フォトグラファーのエマヌエーレ・サトーリはタリバン司令官の1人ムハンマド・ナジルに出会い「領土をめぐる戦いは宗教的取り組み」だと告げられた。「外国勢力は去らねばならない。それが終わればイスラム的価値観に基づいた政府が樹立され、平和が訪れる」

ppafghan02.jpg

タリバンから分離した武装勢力の兵士たちが北西部ヘラート州の山岳地帯で警備に当たる


ppafghan03.jpg

タリバン政権時代に「宗教警察」のトップとして極端な原理主義的政策を許容した宗教指導者のモールビ・クァラムディン


ppafghan04.jpg

タリバンからの分離組織で副長を務めるアブドル・マナン・ニアジ(中央)は5月に襲撃され死亡したが息子が後継者となり組織活動は続いている


ppafghan05.jpg

タリバンが支配するワルダク州ニルク地区にある村の女性(右)は髪の毛を隠すだけのヒジャブでなく全身を覆うブルカを着用しなければならない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

ビジネス

NY外為市場=ポンド/ドル最安値、英経済対策巡る懸

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中