コラム

群馬ファンの僕がメディアに言いたいこと(パックン)

2021年11月30日(火)17時00分

草津温泉などの観光名所も多い群馬県だが… kuppa_rock/iStock.

<群馬県知事が異議申し立てをした「都道府県魅力度ランキング」でなぜ魅力を測ることはできないのか、そしてメディアの取り上げ方が問題とは?>

都道府県の魅力度ランキングで群馬県は44位

相方マックンの出身地でもある群馬県に何度も訪れたことのある僕は、その情報を聞いて驚いた。群馬の山も街も歩いている。群馬の温泉にも入っている。群馬の名物も食べているし、相方の家族も含めて何人もの群馬人と交流している。群馬通とまではいかなくてもかなり詳しいほうだと思う。そこで思った。全都道府県の中で魅力が44位だと?!高すぎるだろう!

芸風の一つとして、こうやって軽く群馬をバカにすることは多い。でも本音じゃないよ。群馬のみなさん、炎上させたりしないでください!まあ、そんな心配もないだろうね。群馬にはインターネットもないし。......すみません。悪い癖だ。

少し前に話題になった魅力度ランキングだが、この騒動からは日本のメディアの大きな欠点が見える。永遠の課題といえるものだ。

テレビやネットニュースなどでこの話題は「魅力度ランキング発表!ベストは?ワーストは?」などと紹介されることが多かった。そしてほとんどのメディアは、そのランキングはどこの機関がどうやって調べたものなのかなど、大事な「根拠」が印象に残らない、「魅力度」だけのインパクトが残る報じ方だった。もちろん、メディアリテラシーのエリートであるこのコラムの読者は「根拠」はご存じだろうけどね。

「魅力」を測る仕組みに問題が

でも、念のためにはっきりさせよう。このランキングは、「ブランド総合研究所」という民間企業が3万5000人に取ったオンラインアンケートの一部だ。「地域に対する評価」を5段階で記してもらい、それぞれの地域の点数でランキングを決めたものだ。

では、何が問題か?なによりもネーミングだ。大辞泉によると、「魅力」は「人の心をひきつけて夢中にさせる力」と定義される。ランダムに選ばれたネットユーザーに各都道府県のその度合いを図る資格はあるのだろうか?

行ったこともない、とりたてて詳しくもない地域を評価しろと頼まれてもかなり困るのではないか?各都道府県におそらく10回以上行っていて、海外旅行の経験も豊富で、世界各地の魅力を体験している僕でも、都道府県の魅力を図る基準にはされたくない。勉強不足で魅力を見落としてしまって、どこかの地域のイメージに傷が付いたら本当に申し訳なく思う。群馬県ならかまわないけどね、そもそも傷つくほどのものがないし......。

あ、ウソです!ごめんなさい!法的措置はやめてください!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:中国が転落しそうな「流動性のわな」、迫られる

ビジネス

ノルウェー政府系ファンド、上期1740億ドル運用損

ビジネス

アングル:NT倍率が上昇、海外短期筋が日経先物買い

ワールド

サハリン2新会社、現時点で契約困難になる条件聞いて

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中