コラム

イルカ漁告発映画『ザ・コーヴ』は衝撃的か

2010年02月19日(金)11時59分

 和歌山県太地町のイルカ漁を糾弾したドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』が、初夏に日本で公開されることが決定した。

 作品の詳細は町山智弘さんのコラムを読んでいただきたいが、映画としての出来栄えは確かなようだ。欧米での評価は高く、昨年のサンダンス映画祭観客賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞などを受賞。3月7日発表の米アカデミー賞でもドキュメンタリー長編賞にノミネートされている。
 
 新聞などの映画評を集めたサイト「ロッテントマト」でも、肯定的なレビューが96%と圧倒的。「ゲリラジャーナリズム」「スリラー」の要素が受けたようで、例えばニューヨークタイムズの記者ラリー・ローターは「型破りなドキュメンタリーで、ジェームズ・ボンドやハリウッドのアクション映画に期待するようなドラマティックな盛り上がりとサスペンスがある」と書いている。

 数少ない辛口批評がウォールストリート・ジャーナルで、「罪を犯した人が贖罪を求める物語」と素っ気ない(「罪を犯した人」というのは、映画の主役であり『わんぱくフリッパー』のイルカを調教していたリチャード・オバリーのこと)。

 これには激しくうなずいてしまった。イルカが殺され、その血で染まった海を見るのは確かに辛いが、個人的には「一方通行の思い込みで突っ走っている」と感じなくもなかったので。それは私が日本人だから? 5年ほど前、タンザニアを舞台にした『ダーウィンの悪夢』というドキュメンタリー映画が話題になったが、あの作品も当事者の立場から見れば衝撃的というほどでもなかったのかもしれない。

 しかし、『ザ・コーヴ』では撮影妨害や抗議をする地元関係者がまさに「悪役面」で、彼らが登場しなければ映画のショック度も半減するような......。ちなみに日本公開に際しては太地町と話し合い、彼らの顔にモザイクをかけるといった配慮をするそうだ。

――編集部・大橋希

このブログの他の記事も読む

ミシェル・オバマの肥満撲滅大作戦

不遜なギリシャ首相はタダ者じゃない?

スポーツに政治を持ちこまない...わけにはいかない

中国政治「序列」の読み方

ユーロ危機を予測していたフリードマン

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

LGエナジーが中国企業と交渉、欧州向け低コストEV

ワールド

タイ憲法裁、セター首相の解任請求巡り8月14日に判

ワールド

インドの7月総合PMIは3カ月ぶり高水準、サービス

ビジネス

6月のスーパー販売額は前年比4.7%増=日本チェー
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story