コラム

不遜なギリシャ首相はタダ者じゃない?

2010年02月18日(木)11時11分

 どの面下げて文句言えるのか、と思った。財政危機に陥っているギリシャのパパンドレウ首相が先週、EU(欧州連合)首脳会議がギリシャ支援で合意したことについて、感謝しながらも合意は遅すぎたと批判したのだ。助けてもらう相手に対して何という不遜な態度だろう。

 さらにパパンドレウは、EUがギリシャの財政悪化の原因をつくった前政権を監視しきれなかったことも批判した(彼は昨年10月の政権交代で首相に就任)。まるで日本の民主党政権の閣僚が、日本の財政悪化の原因をつくった自民党を監視しきれなかったとして有権者を批判するようなものじゃないか。

 でも、ここまで言えるのは彼がタダ者ではないからかもしれない。こんな逸話がある。フィナンシャルタイムズ紙によると、1952年生まれの彼が13歳のとき、軍政下の警官隊が彼の父親を逮捕するため自宅に踏み込んできた。ピストルを頭に突き付けられ、「父親の居場所を教えなければ撃つぞ」と脅されたが、彼は平然と「知らない」と答えたという。
 
 パパンドレウは米ミネソタ州生まれ。ギリシャに初めて来たのが8歳で、いわば帰国子女だ。父も祖父も首相を務めた名門政治家ファミリーに育った。アメリカとイギリスの大学で国際政治や社会学を学んだ国際派でもある。06年から社会民主主義政党の国際組織「社会主義インターナショナル」の議長を務め、世界中に人脈を持つ。自身の個人ウェブサイトは演説や公式行事の話ばかりで面白みはないけれど、ちゃんと英語版もあって外国への発信に力を入れていることが分かる。

 不遜で冷静で国際派のパパンドレウがギリシャ危機をどう乗り切るのか。今後の展開が何だか楽しみになってきた。

──編集部・山際博士

他の記事も読む

スポーツに政治を持ちこまない...わけにはいかない

中国政治「序列」の読み方

ユーロ危機を予測していたフリードマン

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は6日続落、2021年10月以来=東京株式

ワールド

フィリピン、カジノの外国人労働者に退去命令 大統領

ビジネス

中国の天然ガス需要、24年は6.5─7.7%増の見

ビジネス

BNPパリバ、第2四半期利益が予想上回る トレーデ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story