Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2010.6.30号(6/23発売)

英語じゃなくて Glob・ish

2010年6月30日号(6/23発売)

Cover Story

ややこしい構文や単語はもう要らない? グローバル化に伴って、語彙が少なく表現もシンプルな英語が世界に広まっている

言語 誰でも話せる新・世界共通語

波紋 そのイングリッシュ、お断り

アメリカ 翻訳なき文化は世界で孤立する

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「よそ者」BPを襲う偏見の波

原油流出 世界市民のつもりでも危機が起きれば外国企業は四面楚歌。BPに学ぶ教訓とは

親玉ロシアの意外な沈黙

キルギス 民族衝突に介入しないのは、アメリカとの共存関係を維持したいから
Q&A オトゥンバエワ暫定大統領「今後もロシアが頼りだ」

ワールドカップの逆経済効果

サッカー 出場国の労働者の半数が仕事を休んで応援すると、100億ドルの損失
W杯 メキシコの願いは「打倒、国境の北!」

民主主義の墓場、アフリカ

途上国 エチオピアからルワンダまで、民主化に背を向けて新たな独裁の時代へ

バブルはじけて「脱・個性派」の波

建築 大物建築家を起用した派手なデザインより、控えめな美を極める新潮流
Society & The Arts
消費 オンナの財布が経済を救う
中国 SARS、忘れられた苦痛
米社会 外見差別に法の裁きを!?
教育 チャータースクールの意外な真実
インタビュー 「ベイルートで知った羞恥と後悔」
監督 色あせないゴダールの刺激
書評 イスラエルと南ア、のけ者同士の密約
メディア 死ぬほど見たい遺体写真の魔力
映画 イタリアの恋に癒やされたい
ホラー リメーク版『エルム街の悪夢』の恐しさ
話題作 『ザ・ウォーカー』が問う活字の価値
テレビ イカレた吸血鬼『トゥルーブラッド』
World Affairs

北アイルランド  「血の日曜日」の亡霊が蘇る

インドネシア イスラム国のタレント候補

米安全保障 オバマの強気が国産テロを増やす

MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中