Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2010.6. 2号(5/26発売)

iPad

2010年6月 2日号(5/26発売)

Cover Story

4月の全米発売以来、人気が過熱するタブレット型端末「iPad」は、インターネットの世界や人々の生活をどう変えるのか

テクノロジー  iPadの世界がやって来た!

影響 夢のタブレットがもたらす新時代

戦略 「すべてを支配したい病」が命取り

企業文化 アップルの魂はもう消え去った

分析 iPadであなたはもっと馬鹿になる

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

奇襲攻撃でソウルを制圧せよ

北朝鮮 天安号「魚雷攻撃」への関与を否定する金正日が準備する新たな戦争プラン

バンコク鎮圧でも消えぬ怨念の炎

タイ騒乱 デモは排除されたが選挙では野党が有利。もはや貧しい地方の声は無視できない
分析 「闇将軍」タクシンその真実

「2大政党制崩壊」の落とし穴

イギリス クレッグ率いる自民党の大躍進からアメリカが学ぶべきこと

日本は次のギリシャになるか

国家債務 日本が財政危機に陥るのは時間の問題という声が強まり始めた

中国「新シルクロード」の野望

交通 17カ国を結ぶ壮大な高速鉄道網を計画、その裏にある政治的意図とは
Society & The Arts
エネルギー 原子力こそ究極の電力だ
テレビ 88歳の人気女優ベティ・ホワイト
音楽 ならず者ストーンズよ、永遠なれ
映画 詩人キーツが薄い『ブライト・スター』
話題作 『マイ・ブラザー』が描く帰還兵の魂
World Affairs

アジア 日米同盟の終焉にはまだ早い

イラン 消え去ったグリーン革命の波

ギリシャ危機 2020年、南欧は高成長圏に

ユーロ危機 ネイキッドCDSと戦うドイツ

日本政治 日本を殺すスキャンダル狂い

メキシコ 軍隊より強い麻薬組織

MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだったのか?...写真で振り返る

  • 3

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    イスラエルによるイラン大使館空爆は「恐ろしいテロ…

  • 10

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 9

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中