コラム

「世界一自転車フレンドリーな都市」コペンハーゲンに学べること

2021年11月26日(金)19時15分
コペンハーゲンの自転車のある風景

コペンハーゲンでは、安心して自転車に乗れる道路づくりが徹底されている Ole Schwander-iStock

<クルマや公共交通を使うよりも自転車の方が便利。各国の政策担当者が学びに訪れるコペンハーゲンの自転車政策とは>

数ある移動手段の中でも、まったくCO2を排出しない移動手段は徒歩や自転車に限られる。2025年にカーボンニュートラルを目指すデンマークは、その一つの目玉として自転車の活用を据えている。

オリンピックで自転車を活用するフランスのパリやオランダが着目されるが、デンマークの首都コペンハーゲンは世界でもっとも日常生活に自転車を活用した街づくりをしている都市だ。

現地の専門家によると、CO2削減が叫ばれる中、自転車用のインフラを整備したり、推奨するキャンペーンを展開しているという。

各国から政策担当者らが学びに来る

自転車問題に取り組む人々の間で大事にされている指標を「コペンハーゲン化指数(Copenhagenize index)」と言う。2年おきに調査が行われ、自転車フレンドリーな街のランキングが発表される。

調査が始まった2011年のランキングを見ると、1位はアムステルダム、2位がコペンハーゲン、3位バルセロナ、4位ベルリン、5位東京、6位ミュンヘン、7位パリ、8位モントリオール、9位ダブリン、10位ブダペストとなっている。

2019年には1位にコペンハーゲン、2位がアムステルダム、3位ユトレヒト、4位アントワープ、5位ストラスブール、6位ボルドー、7位オスロ、8位パリ、9位ウィーン、10位ヘルシンキとなっており、東京は16位と順位を落としている。

このランキングを見ると分かるように、コペンハーゲンとアムステルダムが競り合っており、2015年と2017年にもコペンハーゲンに軍配が上がっている。

kusuda211126_copenhagen_2.jpg

筆者撮影

アムステルダムとも違う

コペンハーゲンには各国の政策担当者が自転車政策を学びにやってくる。

デンマークの自転車政策のノウハウを世界に共有することを目的に活動する、デンマーク・サイクリング・エンバシーは毎年約1週間にわたってコペンハーゲンで「バイカブルシティマスタークラス」という集中講義を行っている。都市開発とサイクル計画、政治プロセス、サイクリングスーパーハイウェイとグリーンサイクルルート、交通安全および事故の削減、子供へのサイクル教育、公共交通との連携、都市デザインなど体系的に学ぶことができる。

筆者が参加した2018年は、スイス、ドイツ、イギリス、スペイン、シンガポール、アメリカ、フランス、チリ、オーストラリアなどの政策担当者らがコペンハーゲンに集まった。

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

きょう安倍氏国葬、国内外4300人参列 首相は弔問

ビジネス

スイス中銀、インフレ押し下げへ全力尽くす=メクラー

ビジネス

政策運営で世界的要因を考慮=米クリーブランド連銀総

ビジネス

投機筋のポンド売り持ち、9月前半2週間に急増 市場

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中