コラム

体調異常・居眠りを検知 マツダの新技術「コ・パイロット」に期待すること

2021年11月12日(金)19時00分
「MAZDA CO-PILOT」を搭載した車両

筆者が試乗した「MAZDA CO-PILOT」を搭載した車両 写真提供:マツダ

<ドライバーの体調や操作をモニタリングして、異常があれば緊急通報し、ドライバーの代わりに安全な場所まで運転してくれる──事故を減らし、運転寿命の延伸に寄与する技術を、マツダが世界に先駆けて発表した>

11月4日、高齢化社会の自動車の運転を変える大きな発表があった。ドライバーの病気などの体調異常や居眠りを検知し、高速道路のみならず、一般道でも、安全な場所に自動車を退避させる「MAZDA CO-PILOT(マツダ コ・パイロット)」という運転支援技術の発表だ。他社に先駆けたマツダの動きで、高級車クラスのみならず、全車種に標準的に搭載していく考えだ。

スバルが衝突軽減ブレーキ「アイサイト」を世に生み出し、今では軽自動車にも搭載されるようになった。ドライバー異常検知と路肩退避の技術をマツダが先行して普及させ、それに他社が追随するかたちで普及していくのではないかと予測する。事故を減らし、運転寿命の延伸に寄与する新たな安全技術の登場に期待が膨らむ。

kusuda211112_mazda3.jpg

写真提供:マツダ

MAZDA CO-PILOTとは?

MAZDA CO-PILOTは、姿勢の崩れ、視線・頭部の挙動、ハンドル・ペダル操作量からドライバーの体調や操作をモニタリングして、異常があった場合に緊急通報し、ドライバーの代わりに運転をして、安全な場所に連れて行って停車させてくれるというものだ。

コ・パイロットは、副操縦士という意味。ドライバーが自らの意思で運転し、自由に移動する「人間中心の安全技術」の開発を大切にしており、パイロットであるドライバーを支えるよき理解者(パートナー)をつくりたいという思いが込められている。

「MAZDA CO-PILOT 1.0」を2022年から、「MAZDA CO-PILOT 2.0」を2025年から市場投入するロードマップを描いている。

マツダのメディア向け試乗会で、高速道路と一般道におけるドライバー異常の検知、緊急通報、路肩退避まで、スムーズな流れを体験することができた。実用化はすでに可能だと感じる。これからさらに精度を高めていくようだ。

ガイドライン策定で他社と連携

実は自動運転が注目されるようになった2018年頃から、マツダのみならずデンソーや大型車・二輪を含む自動車メーカーと国土交通省は、各社の代表者を集めて、先進安全自動車(ASV)の延長で業界横断的に「ドライバー異常・監視技術の基本設計書(ガイドライン)」について密に議論を進めてきた。

「MAZDA CO-PILOT」の開発担当者でマツダ商品戦略本部主査の栃岡孝宏氏もその一員で、次のように語っている。

「ドライバー異常を検知する技術は国内外を見ても他社には事例がまだない。今回マツダが世界に先駆けて発表することになった。膨大な(脳血管疾患などの)患者のデータを分析し、クルマの運転行動に置き換えていくといったアルゴリズムは独自に開発していく必要がある。この部分がマツダ独自になる」

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

ビジネス

NY外為市場=ポンド/ドル最安値、英経済対策巡る懸

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中