コラム

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして

2018年09月18日(火)16時30分

写真はイメージです BrilliantEye-iStock.

<安田純平さん拘束の1カ月後にシリアの武装組織に拘束され、10カ月後に解放されたスペイン人ジャーナリストが、「通訳兼コーディネーターに裏切られた」と語っている。その通訳とみられる人物に質してみると......>

安田純平さんがシリア北部で武装組織に拘束されて3年がたったことについて、先月のコラム (「安田純平さん拘束から3年と、日本の不名誉」)で取り上げた。しかし、7月末にインターネットの動画サイトに掲示された、オレンジ色の服を着せられ、銃を突きつけられた安田さんの動画については詳しく触れなかった。安田さんが「私の名はウマルです。韓国人です」と語ったことなど、謎ばかりだった。

安田さんの関連で情報を探すうちに、シリア国境に近いトルコ南部にいるという「ウサーマ」という人物と連絡がとれた。日本のメディアとも仕事をしている英語・アラビア語の通訳兼コーディネーターだと名乗った。

ウサーマは「ヌスラ戦線(現・シリア解放機構)に一時拘束されたことがある」と話していたが、インターネット電話でのやりとりであり、真偽のほどは分からなかった。

安田さんが自分のことを「ウマル」「韓国人」と語ったことについて質問すると、ウサーマは「安田さんは自分のことが分からなくなっているという情報が出ている」と語った。ウサーマという人物の実体もよく分からないままであり、その"情報"の信ぴょう性も定かではなかった。

その後、安田さんが置かれた環境について知るために、私はヌスラ戦線に拘束された後、解放されたスペイン人ジャーナリスト3人やドイツ人女性ジャーナリストについての情報を調べていた。スペイン人ジャーナリスト3人は、安田さん拘束の1カ月後の2015年7月に拘束され、2016年5月に10カ月の拘束を経て解放された。

解放された当初は、人質になったジャーナリストはほとんど何も語っていなかったが、それから1年後の2017年5月に、3人のうちの1人のアントニオ・パンプリエガが自身の人質体験を『暗闇の中で(En la oscuridad)』として出版したのをきっかけに、いくつものスペインメディアのインタビューを受けているのを知った。

スペイン人の写真を撮り、フェイスブックにあげたウサーマ

パンプリエガは拘束されるまでに12回、シリア北部に入って報道していた紛争取材のエキスパートである。パンプリエガは拘束された時、シリアの反体制地域で活動するボランティアの人命救援部隊である「民間防衛隊(ホワイトヘルメット)」について取材していたという。パンプリエガは自分たちがヌスラ戦線に拘束されたのは、同行した「ウサーマ」というシリア人の通訳兼コーディネーターが「裏切って、彼らをヌスラ戦線に売ったためだ」と繰り返し語っていた。

ウサーマというのは、私がインターネット電話で話したウサーマだろうかと思った。アラブ人には同じ名前が多く、ウサーマだけでは同一人物とは言えない。ただし、私が話したウサーマも「一時、ヌスラ戦線に拘束された」と語った。報道によると、スペイン人3人の通訳兼コーディネーターは、一緒に拘束されたが、2カ月後に解放されたことになっている。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国で記録的猛暑、長江流域で干ばつ対策 製造業生産

ビジネス

サントス、豪政府のLNG輸出規制見送りを確信=CE

ワールド

豪サントス、アラスカの石油開発推進へ 上期は過去最

ビジネス

テンセント、第2四半期は初の減収 規制と新型コロナ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中