ニュース速報

ワールド

オミクロン株、世界各地に広がる 各国で対策強化の動き

2021年11月29日(月)07時31分

 11月28日、南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の感染が世界各地に広がっている。イスラエル・テルアビブの空港で撮影(2021年 ロイター/Amir Cohen)

[ロンドン/アムステルダム 28日 ロイター] - 南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の感染が世界各地に広がっている。27日に英国、ドイツ、イタリアなどで新たな感染者が確認されたのに続き、28日にはオランダ、デンマーク、オーストラリアでも報告され、渡航制限を導入する動きも広がっている。

世界保健機関(WHO)はオミクロン株について、他の変異株と比べて感染力や重症化リスクが高いかどうかは、まだ明らかになっていないと説明。把握には数日から数週間かかるとの見解を示した。

また、ワクチンを含む既存のウイルス対策にどういった影響があるか調べるため、専門家と協力しているとした。

英国は、主要7カ国(G7)の保健相による緊急会合を29日に開催すると発表した。

オランダの保健当局は、26日に南アからアムステルダムに到着した航空機2機の乗客からオミクロン株への感染者が13人確認されたと発表した。乗客約600人のうち61人に陽性反応があり、オミクロン型への感染かどうか調べていた。

同国の保健相は、記者団に対し「これは氷山の一角かもしれない」と語った。

WHOは26日、独立専門家会合を開き、オミクロン株を「懸念される変異ウイルス(VOC)」に指定した。

現在、オーストラリア、ベルギー、ボツワナ、英国、デンマーク、ドイツ、香港、イスラエル、イタリア、オランダ、南アで検出されている。

感染拡大を阻止するため、多くの国がアフリカ南部への渡航を禁止・制限している。

イスラエルは27日夜、全ての外国人の入国を禁止し、テロ対策に用いている通話データの追跡技術を再び採用して、オミクロン株の感染拡大を抑制する方針を発表した。

ベネット首相によると、入国禁止措置は政府の承認を経て14日間導入される。

英国は、入国時の検査の厳格化や小売店内などでのマスク着用義務などの対策を打ち出している。

28日にはインドネシアやサウジアラビアなど、さらに多くの国がアフリカ南部への渡航制限を発表した。

南アのラマポーザ大統領は、こうした措置は不公平で、自国経済に悪影響を及ぼす可能性があると指摘。新たな変異株を早期に発見した科学的能力が罰せられていると非難した。

南アの医師によると、オミクロンの症状は今のところ軽度で、自宅で治療できるという。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

台湾CPI、9月は前年比+2.75%に加速 3%下

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、8月は前月比-0.3%・前年比

ビジネス

英建設業PMI、9月は52.3に上昇 見通しは厳し

ビジネス

ペトロナスが不可抗力宣言、三菱商事出資のマレーシア

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中