ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏、信用リスク増大 銀行に過信も=ECB監督委員長

2021年12月07日(火)19時49分

 12月7日、欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のアンドレア・エンリア委員長は、ユーロ圏の銀行が直面する信用リスクが高まっていると指摘した。ロンドンで2017年9月撮影(2021年 ロイター/Afolabi Sotunde)

[フランクフルト 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のアンドレア・エンリア委員長は7日、新型コロナウイルス関連の支援策の失効に伴い、ユーロ圏の銀行が直面する信用リスクが高まっていると指摘した。銀行が利回りを追求する過程でリスクを低く見積もりすぎている可能性があるとの認識も示した。

同委員長は来年の監督上の優先課題をまとめたブログで「将来、資産の質が悪化する可能性が複数の初期の指標で示されている」と指摘。

「新型コロナ流行の影響を相対的に受けやすいセクターの不良債権比率も上昇し始めている」とした上で、「特に宿泊・食品サービス、空輸・旅行関連セクターでそれが顕著だ」と述べた。

同委員長は、資産の劣化が見込まれるにもかかわらず、一部の銀行はすでに貸倒引当金を戻し入れていると指摘。貸出債権が正しく分類されておらず、不良債権が早期に認識されていないことを示しており、懸念すべき傾向だと述べた。

前例のない景気支援策で超低金利と潤沢な流動性が続く中、銀行がリスクを取りすぎている可能性についても警鐘を鳴らした。「それに伴い、市場参加者の過信が次第に明らかになってきている」とし「利回りの追求により、一部の市場セグメントで過大評価が起きており、時に経済ファンダメンタルズとの乖離が見られる」と述べた。

リスク志向の高まりを背景に、投資ファンドやマネーマーケットファンドといった影の銀行セクターに対する銀行のエクスポージャーも増えているとし「過度な利回り追求に伴うリスクを、監督上、今後さらに注視していく」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、石油価格動向を注視=イラク石油相

ビジネス

米国株式市場=続落、ダウ弱気相場確認 経済悪化を懸

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中