ニュース速報

ビジネス

FRBは迅速な政策引き締めを=セントルイス連銀総裁

2021年12月04日(土)01時33分

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は3日、想定以上の高インフレや力強い経済成長、非常にタイトな労働市場を理由に米連邦準備理事会(FRB、写真)に対し金融政策の引き締めに着手するよう求めた。2020年5月撮影(2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

[3日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は3日、想定以上の高インフレや力強い経済成長、非常にタイトな労働市場を理由に米連邦準備理事会(FRB)に対し金融政策の引き締めに着手するよう求めた。

ミズーリ銀行協会での講演で「これらの事項を考慮すると、今後の米連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和策をより迅速なペースで縮小することが示唆される」と指摘。インフレ率は急激に高まっているとし、米国の労働市場は引き続き「劇的な改善」が見込まれるとした。

その上で、現時点では2022年に2回の利上げを実施するという自身の見通しを維持するが、インフレが解消されなければ債券買い入れプログラムの縮小加速によりさらなる利上げを行うという選択肢が生まれると言及。22年第1・四半期には失業率が4%を下回る可能性が高く、経済指標が急速に変化する中、FRBはグリーンスパン氏がFRB議長だった時代のように「会合ごとに」政策を変更し、状況に対応する必要があるかもしれないとした。

また、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」が米経済に与える影響を評価するのは時期尚早だが、米経済はこれまでの変異株に対応してきたことから「今回も同様に対応できるだろう」とした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英企業のインフレ期待、9.5%に上昇=中銀調査

ビジネス

英中銀、リスクが収まれば国債買い入れ巻き戻しへ=副

ワールド

タイ北東部の託児施設で銃乱射、子ども22人含む34

ワールド

ノルウェーの石油生産、来年15%増加へ=予算案

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中