コラム

無価値不動産購入のススメ

2021年10月27日(水)16時50分

かりに月1万円のトランクルームを維持しようと思ったら、3年で36万円(更新料等を除く)であるが、すでに示した通り30万円払えるのであれば立派な小屋付き土地が手に入る。しかも市井のトランクルームよりは格段に広く、当然所有権を有するので室内造作は自由である。都内でワンルームを倉庫代わりに借りようとすればどんなに安くても4万円であろう。その約8か月分の賃料で田舎に倉庫を持てるのなら、そっちのほうが良いに決まっている。

無価値不動産の選び方

では、このような倉庫として耐えうる不動産をどのように探すかというと、普通に不動産仲介サイトで調べると山のように出てくる。首都圏でねらい目なのは、高速道路を使って都心からのアクセスが概ね1時間強~1時間半程度である茨城県と千葉の外房地域である。

実際に自宅からのアクセスを確かめてから、気に入った土地を散策してからのほうがよいだろう。いざめぼしい物件が見つかったら、即断即決である。不動産は量産品と違ってこの世に一つしかない。秒の差でほかの者が申し込みをしたらそれで終わりなのである。不動産との出会いは運命に似ており、気に入ったら即電話をかけて申し込みすればよい。

注意したいのは、例えば坪1万円で30坪の土地が30万円で売られていたとしても、30万円では手に入らないことである。購入と同時に所有権移転登記をしなければならず、その司法書士報酬がもろもろ10万円程度である。これは土地代金と合わせて不動産会社に振り込めばよい。物件プラス10万円強が諸費用の目安である。

しかし筆者のような物好きが多いためか、条件の良い小屋付き無価値不動産は近年流通量が減っている。コロナ禍でテレワークが増え、郊外の別荘需要が増えたのも一因であろう。こうした場合には、単純に小屋付き土地ではなく土地そのものを求めればよい。上物である小屋については不動産的に無価値と評価されるので、実は小屋の有無はあまり価格に反映されない。

だが例えば坪1万円で30坪の土地を買ったとして、倉庫はどうするのか。答えは簡単で、その上にユニットハウスを立てればよい。ユニットハウス自体は中古で設置費込み20万円(6畳くらいから)で売っている。土地を購入した後にユニットハウスを運搬して希望場所に設置すれば完璧である。ユニットハウスは基礎が存在せず、土地の上に物体を置くだけなので、市街化調整区域以外の場所であれば原則設置が自由である。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ、ガス節約呼びかけ 家庭・中小企業使用量が平

ビジネス

セブン&アイ、今期予想を上方修正 買収した米コンビ

ワールド

ソロモン首相、中国の軍事拠点化認めずと説明 豪首相

ワールド

岸田首相、北のミサイル「強く非難で一致」 日韓首脳

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中