コラム

やはり移民しか日本を救う道なし

2021年06月29日(火)14時47分

移民反対強硬論者の多くは、日本の保守層である。彼らは必ずヨーロッパの事例を持ち出して来て、「治安が悪くなる」ときて、「移民社会になると日本の伝統文化が破壊される」などとのたまう。欧州では旧植民地からの移民が内地にコロニーを作って集住している。ドイツの場合は植民地を持たないが伝統的にトルコからの移民を多く受け入れて減り続ける労働力人口を補った。出生率好転に成功したというフランスも、そのからくりは旧植民地(北アフリカ)からの移民層が出生率を押し上げているに過ぎない。そういったコロニーは時として排他的な集団・外部からは宗教的にも異質なコロニーを形成するから、現地に住む既存の白人層は危機感を覚え、移民排斥を謳った極右政党が躍進しているのは言うまでもない。

移民社会の副作用は少ない

しかしこういった欧州の移民政策を引き合いに出して、それをそのまま日本に援用することは無理筋である。日本が正式に移民を認め、移民社会になったとしても欧州の様な「移民社会の副作用」は極めて軽いか、或いは起こりえない。

日本の土地所有形態は、零細の土地所有者が大都市部にモザイク状に入り組んだ複雑高度な所有権を行使している。これによってバブル期に所謂「地上げ」が起こったわけであるが、土地所有に執着のある日本の地主は、広範にわたって一括に移民に土地を売ったりはしない。よって日本では大都市部に移民のコロニーが誕生することはあり得ない。せいぜいが「インド人の(若干)多い街」「パキスタン人の(若干)多い街」が形成されるだけで、圧倒的多数は日本人で日本の土地所有者である。

加えて日本は欧州と違って可住地面積が狭い。可住地面積とは山岳や森林地帯を除いた「人の住める場所」を示すが、日本は国土の約7割が山林地帯で、ある日突然移民によって事実上「占拠」されたコロニーが郡部にできるという事はあり得ない。移民はどうしたって、東京・大阪・名古屋といった大都市に日本人と混住して暮らすほかなく、コロニーを作りたくともコロニーを作る場所がないのだ。せいぜいが大規模マンション200戸のうちの20戸を中国人やベトナム人やブラジル人が賃借する、という程度で、彼らは日本社会に徐々に溶け込んでいくしかない。日本特有の国土の狭隘さが、移民社会の副作用たるコロニーの形成を防ぐのだ。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送-ロシア、極東の日本領事を拘束・国外退去に 非

ビジネス

FRB、積極行動すべき 高インフレで=クリーブラン

ビジネス

NY外為市場=ポンド/ドル最安値、英経済対策巡る懸

ワールド

ハリケーン「イアン」、米フロリダ州に向け北上 勢力

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中