コラム

サルコジ、「上げ底」でオバマに対抗?

2009年06月11日(木)01時12分

passport090609.jpg

Larry Downing-Reuter


 ノルマンディー上陸作戦65周年の式典があった6日、訪仏中のバラク・オバマ米大統領と並んで立つことになったフランスのニコラ・サルコジ大統領は予想通りの演出に身を委ねることになった。オーダーメイドの上げ底靴を履いた上、台の上に乗ったのだ。もちろん、身長を高く見せるため。

 ドア枠によく頭をぶつける私が言っても説得力に欠けるかもしれないが、フランスをはじめ世界の国々はいつか、身長のことでサルコジをかまうのを止められる日がくるのだろうか。たぶん否、だ。英タイムズ紙のパリ特派員、チャールズ・ブレムナーは、サルコジは身長が自分のイメージに与える影響を常に気遣ってきたと書いている。


 トップの地位を手に入れるため誰より必死で戦ってきたという自負があるサルコジにとって、身長は負けん気の強いアウトサイダーという自己イメージの一部だ。07年の大統領選では、誇らしげに「混血の小さなフランス人」と自称していた。ここでの「小さい」には「普通」という意味もあるが、やはり身長のことを想起させる。

 サルコジは、ベルナール・クシュネル外相やエコロジー・持続的開発相のジャンルイ・ボルローなど背の低い側近を好む。仇敵のジャック・シラク前大統領やドミニク・ドビルパン前首相はいずれも、背が高く貴族的な体つきだ。

 女性に関しては背が高い人を選ぶ。前妻も含め3人の妻は皆、サルコジより背が高い。今の夫人で元スーパーモデルのカルラ・ブルーニは、夫より13センチも身長が高いのをごまかすため、ヒールのないバレリーナシューズを履き猫背になって歩いている。


 それに、身長で騒がれる宿命を背負う有名人はサルコジだけではない。トム・クルーズメル・ギブソン、そしてプリンス、さあ君らの出番だ。

──ジェームズ・ダウニー


Reprinted with permission from FP Passport, 11/6/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー株が2%強下落、傘下の電力会社提訴の恐

ワールド

焦点:トランプ氏、「党団結」は程遠く 予備選連勝も

ワールド

仏大統領、ロシアからの攻撃に警戒感 パリでウクライ

ワールド

オースティン長官極秘入院に「悪意なし」、米国防総省
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story