コラム

やじうまUSAウォッチ 町山智浩

全米一怒れる男ウィネバゴ・マン

 年末にはマウント・シャスタという山にスキーに行った。  シャスタをニューエイジの人たちはパワーストポットだと信じていて、3000メートル

2011.01.04

30発の核爆発を撮影した日系カメラマン

 9月から娘が中学に通い始めた。けど、うちの学区にはスクールバスがないので、まだ登下校の送り迎えはしている。  カリフォルニアでは子供は12

2010.12.07

「神と銃」レーナード・スキナードが歌うアメリカ

レーナード・スキナードの新曲「それは俺のアメリカと違う」    去る9月20日、レオナード・スキナーが77歳で死んだ。  レーナード・スキ

2010.10.28

アメリカの家の前にはなぜ芝生があるのか?

アメリカの郊外住宅地のアーキタイプ、レヴィッタウン 「Get off my lawn(わしの芝生から立ち退け)!」  映画『グラン・トリノ

2010.10.22

『キッズ・アー・オールライト』 あの娘の家にはママが2人

 ウチのはす向かいの家のジョアナちゃんにはお父さんが2人いる。  両親は同性カップルなのだ。  ウチはイーストベイと呼ばれる、サンフランシ

2010.08.16

キテレツ発明品まつり「メイカー・フェア」は役に立たないのが楽しい!

 銀色に輝く流線型のロケット。1930年代のパルプ雑誌の表紙にあったような宇宙船が目の前にそびえたっている。本当に金属製で、10メートルほ

2010.05.27

3カ月間だけ英雄だったマザーファッカー

 筆者の住むイーストベイと対岸のサンフランシスコを結ぶ、ACトランジットというバス路線がある。今年2月、その車内で「黒人のチンピラにからまれ

2010.05.18

キング牧師の生家で公民権運動の生き証人に会う

キング牧師の生家の裏でグラハム・ウィリアムズさんと 「マナーはいちばん大切だ。それをみんな忘れている。What a shame (恥ずかしい

2010.04.27

『サウスパーク』がサリンジャー追悼! 「げろげろ畑でつかまえて」

 サリンジャーは生前、自分の小説の映画を許可しなかった。『フィールド・オブ・ドリームス』映画化の時も、原作どおりサリンジャーを登場させること

2010.04.01

ダコタ・ファニングが家出娘の悩殺爆弾 蘇るランナウェイズ

『ザ・ランナウェイズ』公式サイト  ハロー、ダディ、ハロー、マム  私はチチチチチ、チェリー・ボム!  1977年、ザ・ランナウェイズが日

2010.03.24
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハイマースに次ぐウクライナ軍の強い味方、長射程でクラスター弾搭載可能なATACMS

  • 2

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    「天国に一番近い島」で起きた暴動、フランスがニュ…

  • 5

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 6

    ウクライナ、ロシア国境奥深くの石油施設に猛攻 ア…

  • 7

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    習近平はなぜ長期政権を目指すのか...中国共産党「非…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中