コラム

背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現実性

2021年11月16日(火)11時25分
「TIM」

映画『皮膚を売った男』に影響を与えたヴィム・デルボア氏の作品「TIM」 By Lynette Woods from Australia - Tim (Tattooed Man), CC BY-SA 2.0

<タトゥーに興味はあっても、一生身体に残ってしまうことには抵抗を感じる──では、1年で消えるタトゥーがあったとしたら?>

今年のアカデミー国際長編賞にチュニジア代表としてノミネートされた映画『皮膚を売った男』が、11月12日の「いい(11)ヒフ(12)の日」に公開されました。

映画の中で、シリア難民のサムは恋人と会うために芸術家に自分の背中を売り、タトゥーが施されます。サムは自らが「アート作品」になることで、大金を得て、「美術品」として国境を越えることを選んだのです。美術館に展示されるサムには、思いも寄らない事態が次々と起こり、次第に精神的に追い詰められていきます。驚きの結末も待ち受けている、見どころの多いサスペンス作品です。

この映画は、ベルギー出身の現代芸術家ヴィム・デルボア氏が2006年に発表した作品「TIM」に影響を受けています。

豚にタトゥーを施した作品で一躍有名人となったデルボア氏は、ある日、偶然出会った女性に「新作を創るために、『人間キャンバスになってもいい』と言ってくれる人物を探している」と切り出しました。彼女が恋人のティム・シュタイナー氏にその話を伝えたところ、彼は予想外に乗り気になりました。

シュタイナー氏の背中はデルボア氏にキャンバスとして提供され、刺青を施した作品「TIM」が生まれました。2008年には美術品コレクターのリク・ラインキング氏が15万ユーロで「TIM」を買い取ってオーナーになり、「キャンバス」のシュタイナー氏は売り上げの3分の1の5万ユーロを受け取りました。

買い取りの条件は、シュタイナー氏が亡くなったらタトゥーが彫られた背中の皮膚を剥がして、額に入れて飾られること。シュタイナー氏の存命中は、背中のタトゥーが見えるように、上半身が裸の状態でいろいろなギャラリーに出向いて展示室に座るという契約も結びました。

シュタイナー氏は今年44歳です。「リアル・皮膚を売った男」が背中のアートを見せる人生は、まだまだ続きそうです。

同じ立場になった時に、あなたは自分の背中をタトゥーのキャンバスとして売るでしょうか。短期間ならば「自分がアート作品になる体験は楽しそうだ」と考える人もいるかもしれません。

けれど、日本では未だにタトゥー(入れ墨)はアウトローのイメージが強く、「他人に不快感を与える」として、大半の入浴施設で入場禁止の対応を取られています。人前では隠すものという価値観が根強く、今年1月にはボクシングの井岡一翔選手のタトゥーが試合中に露出したことで厳重注意の処分を受けたことも記憶に新しいでしょう。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英企業のインフレ期待、9.5%に上昇=中銀調査

ビジネス

英中銀、リスクが収まれば国債買い入れ巻き戻しへ=副

ワールド

タイ北東部の託児施設で銃乱射、子ども22人含む34

ワールド

ノルウェーの石油生産、来年15%増加へ=予算案

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中