コラム

光の98.1%を反射する「世界一真っ白な塗料」が温暖化から地球を救う?

2021年10月06日(水)17時15分

もっとも、研究チームはギネス記録を狙うために「超白色塗料」の開発を続けているのではありません。パデュー大学はプレスリリースで、「この研究で地球温暖化を抑制することが目標だ」と明言しています。

「世界一真っ白な塗料」を建物の屋根や外壁に塗ると、周囲に比べて温度が上がりにくくなる効果があります。もっとも、この塗料によって反射された光は消えてなくなるわけではないので、周囲の気温を余分に上げる可能性があります。つまり、夏ならば、建物の中は塗料を使わない場合よりも涼しくなるけれど、戸外は余計に暑くなる事態が起きかねないということです。

では、どうやって「世界一真っ白な塗料」で地球温暖化を抑制するのでしょうか。エアコン使用が鍵を握っています。

夏に、塗料のおかげで従来よりも室内の温度が低く保たれると、エアコンの使用率の低下や快適温度を維持する電力の削減が可能です。要するに、エアコンの省エネが期待できるので、温室効果ガスであるCO2の排出量を下げることができるというわけです。

「冬は、室内がさらに寒くなる」とか「夏でも、塗った面が砂ぼこりなどで汚れたら効果が激減する」などの問題点も指摘されていますが、「世界一真っ白な塗料」は商品化が進められています。

宇宙物理学を発展させる「世界一真っ黒な塗料」

ところで、「世界一真っ白な塗料」を知れば、「世界一真っ黒な塗料」も気になるはずです。

2019年、米マサチューセッツ工科大学のブライアン・ウォードル教授、上海交通大学の崔可航准教授らの研究チームは、99.995%の光を吸収する黒色の物質を偶然に発見しました。カーボンナノチューブ(炭素のみでできた、直径がナノメートルサイズの円筒状の物質)の実験をしているときに、アルミホイルの上に「電気的特性や熱的特性が著しく高く、しかも真っ黒な物質」が思いがけずにできたのです。

真っ黒な塗料をイエローダイヤモンドに塗ると... Roberto Capanna via Amaze Lab-YouTube


この「世界一真っ黒な塗料」は、宇宙望遠鏡の性能を向上させると期待されています。宇宙望遠鏡は、地球の衛星軌道上などに設置するので莫大な打ち上げ費用がかかりますが、地球大気の影響を受けずに天体観測ができるため、現代の宇宙物理学には不可欠な装置です。

もっとも、望遠鏡や顕微鏡などの光学機器では、鏡筒内部で不必要な光の散乱が必ず発生します。これを「迷光」と呼び、不正確な観測や誤差の原因になります。そこで、鏡筒内部に「世界一真っ黒な物質」を塗れば、光の散乱が極限まで押さえられて観測精度が増し、宇宙物理学の発展に貢献すると考えられています。

ギネス記録は、数値を見た人々に「すごい」「今まで知らなった」と驚きを与えます。「世界一真っ白な塗料」と「世界一真っ黒な塗料」はギネス記録を狙った研究ではありません。けれど、世界一だからこそ、背後のストーリーや研究の社会への活用法が注目されて、一般の人に科学を身近に感じさせることができたのです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英企業のインフレ期待、9.5%に上昇=中銀調査

ビジネス

英中銀、リスクが収まれば国債買い入れ巻き戻しへ=副

ワールド

タイ北東部の託児施設で銃乱射、子ども22人含む34

ワールド

ノルウェーの石油生産、来年15%増加へ=予算案

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中