コラム

湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

日本はもはやロボット大国ではない!?論文数で7位に転落

エクサウィザーズ AI新聞から転載 <かつて産業ロボットで世界を制した栄光も今は昔。論文数で転落しただけでなく、これからのロボット開発競争で

2019.06.14
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AI時代にGAFAへの一極集中はありえない

エクサウィザーズ AI新聞から転載 最近ビジネス誌などで「GAFA」という言葉をよく見かけるようになってきた。Google、Apple、Fa

2019.05.15
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIを利用した創薬、新素材開発の時代がやってきた

エクサウィザーズ AI新聞から転載 水の中でも固まるセメントが開発されれば、世界中の港が津波の恐怖から救われるかもしれない。毒性の少ない保冷

2019.04.04
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

日本人には瞑想よりもマインド風呂ネスがいい(TransTech Conferenceより最終回)

エクサウィザーズ AI新聞から転載 今回の記事のタイトルをちょっとふざけた感じにしちゃったけど、日本人って銭湯のおかげでシリコンバレーの一歩

2019.02.21
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

テクノロジーで瞑想を不要に TransTech Conferenceから

エクサウィザーズ AI新聞から転載 <TransTech Conference 2018の最大のポイントは、人類を「欠乏の心」から「満たされ

2019.02.12
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?(TransTech Conferenceから)

エクサウィザーズ AI新聞から転載 恐れが少なく「どんなことがあっても自分は大丈夫だ」という基本的幸福感(fundamental well

2019.02.07
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「悟りってどんな状態?」悟った50人に心理学的手法で詳しく聞いてみた結果とは(TransTech Conferenceから)

エクサウィザーズ AI新聞から転載 <悟りをひらいたとされる人たちをインタビューした結果、「自我の感覚の変化」「雑念の減少」など、彼らの経験

2019.02.07
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す「自己超越」とは

エクサウィザーズ AI新聞から転載 11月に米シリコンバレーで開催されたTransTech Conference。共同主催者のJeffery

2018.12.18
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「東京がアジアのイノベーションハブになる」中国人ビジネスマンが東京で起業した理由

エクサウィザーズ AI新聞から転載 日中米のビジネスの最先端を経験してきた中国人起業家の董 路 (ドン ルー)氏が、第2の起業に選んだ場所は

2018.12.17
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「元気をもらう」の正体は心臓から出る電磁場 TransTechカンファレンスから

エクサウィザーズ AI新聞から転載 「前向きな人に会って元気をもらった」。そんな表現を耳にすることがある。しかし実際に「元気をもらう」などと

2018.11.30

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!