最新記事

北朝鮮

北朝鮮とベトナムが急接近 次の米朝会談はリゾート地ダナンに?

2019年1月18日(金)12時15分
鈴木琢磨(毎日新聞社部長委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

12月1日にハノイで会談を行った北朝鮮の李容浩外相とベトナムのグエン・スアン・フック首相 Manan Vatsyayana/Pool via REUTERS

近く予定されている2度目の米朝首脳会談、その開催地としてベトナム、それもハノイではなく、リゾート地のダナンが浮上している。筆者も現時点で最有力地だと考えている。なぜか? さまざまな予兆があった。

金日成訪越60周年が祝賀ムードに

昨年12月3日、ハノイの北朝鮮大使館で金日成のベトナム訪問60周年の記念式典が開かれた。式典にはベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のチャン・タイン・マン議長をはじめ各省庁、機関の代表が顔をそろえ、議長は「ベトナムと朝鮮間の伝統的な友好関係はホー・チ・ミン主席と金日成主席がもたらし、手間をかけて築いた」とあいさつ。さらにこの式典の直前、11月30日には北朝鮮の李容浩外相がベトナムを訪れ、ファム・ビン・ミン副首相兼外相と会談、12月1日にはグエン・スアン・フック首相とも会った。李外相は農業科学院と観光地のハロン湾を見学したのだ。

にわかにトピックニュースとなった金日成の訪越60周年。確かに調べてみると、金日成は政府代表団を率いて1958年11月21日から12月10日まで中国と北ベトナムを親善訪問している。ベトナム戦争には韓国も多くの軍人を送り、北朝鮮もまた空軍パイロットが「参戦」したのはよく知られているが、1950年代はまだそれこそ社会主義国同士の「親善」と「連帯」の時代である。金日成訪越の前年にホー・チ・ミンは平壌を訪問しているから、その答礼の意味も込められていたのだろう。

さらにベトナムといえば、北朝鮮には苦々しい感情を抱いているはずなのだ。2017年2月、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男がマレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された事件のことである。ベトナム人のドアン・ティ・フォン被告らが実行役として殺害に関与したとして逮捕され、マレーシアの高等裁判所で裁判が続く。8月の公判では北朝鮮の男4人が事件の指示役だったと認定されたものの、北朝鮮はこれまで事件への関与を一切、否定している。両国関係は険悪なはずなのだが、なぜか金日成の訪越60周年は祝賀ムードとなった。

実は金正男暗殺事件をめぐって水面下で動きがあったらしいのだ。複数の情報関係者によれば、ベトナム人女性を事件に巻き込んだことについて、北朝鮮サイドがひそかにベトナムに非公式の謝罪をしたというのである。不思議なのはこの事件に絡んでインドネシア人の女性も逮捕されたのだが、これまでのところ、同様の非公式謝罪をインドネシアに行ったとの情報はない。あくまで事件に北朝鮮が関与していないのなら、なぜ、プライドの高い北朝鮮がベトナムのみに気遣いをするのか。ここにきて、ベトナムとの関係改善を急ぐ必要があったからだとみるしかない。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月